東京ガスリモデリングのリフォーム│品質へのルールとこだわり

HOME > 東京ガスリモデリングのこだわり > その想いを実現するために…:品質へのルールとこだわり

その想いを実現するために…

品質へのルールとこだわり


萩原勇
二級建築士・
マンションリフォームマネージャー・
福祉住環境コーディネーター2級

プランが決まった後は、滞りなくリフォームを進めるためのいくつかの気配り・目配りが欠かせません。ここでは、私たちが施工品質を高めるために実施していることをご紹介します。

着工前の三者打ち合わせ・ごあいさつ

リフォーム工事着工前には、「お客さま」「協力施工店」「当社担当」の三者が実際に工事する場所に集まり、工事内容の最終確認をさせていただくことで、滞りのないリフォームを進めることができます。

また、近隣の住民の皆さまやマンション管理関係者へのごあいさつも行います。この際、詳しい工事内容やスケジュールのご説明もさせていただきます。

徹底した養生と厳格な検査

徹底した養生

工事がスタートすると、建物や設備に傷や汚れが付かないよう、既存の壁や床、マンションの共用部は徹底した養生を心がけているほか、さまざまな物が混在する現場で、必要な物を誤って破棄したりすることのないよう「廃棄」や「再利用」などのシールで区別するようにしています。

厳格な検査

検査機会は2回設けており、途中段階では工事完了後に見えなくなってしまう配管や配線、構造等の「中間検査」を、竣工時には「完了検査」をチェックシートに基づいて実施し、施工品質と安全性の向上に努めています。



▲このページのトップへ



ページトップに戻る