リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 家づくり・部屋づくり > 和室を上品に使いこなすポイント

家づくり・部屋づくりリフォームお役立ちコラム

和室を上品に使いこなすポイント

※画像はイメージです

日本の住宅も近年は欧米化が進んでいますが、日本古来の畳の文化は今なお、引き継がれています。従来の和風住宅はもちろんのこと、外観が洋風であってもその居室の一室には和室があったりするものです。

「そもそも和室が無い」という住宅も今では少なくないですが、和室というのは上品に使いこなすことにより、住宅全体に品格をもたらします。

和室は上質で気品のある和風住宅の象徴

日本の文化に和室は欠かせません。書をたしなむ方、お茶をたてられる方にとっては格別の空間であり、大切な客人には和室から眺める庭園が、何よりのおもてなしといえるでしょう。厳かな雰囲気と上質な気品を表現するには和室の存在はなくてはなりません。

しかし、近年は欧米文化の普及により、この日本文化の象徴である和室が姿を消しつつあります。ところが、日本人に和室のイメージを尋ねると、そのイメージは決して悪いものではありません。そうです、日本人はやはり和室、畳が好きなのです。それでは和室をうまく使いこなせていないのは一体なぜなのでしょうか?

それは、洋室に適したデザインの家電や家具とのミスマッチが大きな原因なのです。改めて、和室は上質で気品のある和風住宅の象徴であったということを思い出してみましょう。

和と洋のギャップを大袈裟に表現する

さて、それでは具体的にどのように和室を使いこなせばよいのでしょうか? 例えば、外観から内観まで洋風にコーディネートされている住宅の中で、ある戸を開けるとそこに突然、素敵な和室が現れると考えると、とてもいい「ギャップ」を感じないでしょうか。

人はしばしばこの「ギャップ」に心を奪われます。そのためにも、和室は徹底的に純和風なコーディネートが必要です。中途半端はかえってみっともないので、思い切って洋風アイテムを和室から全部排除してみましょう。ポスターやカレンダーを掛け軸に、照明器具を行燈に、クッションを座布団に変えるだけです。

比較的雑多になりやすいリビングルームは生活感が前面に出てしまいがちですが、コーディネートされた和室なら、客間として活用することも十分できるはずです。

障子・襖の張り替えや畳の表替えで真新しさを表現

和室の障子や襖の張り替え、畳の表替えは和室を真新しくする手っ取り早い方法です。色褪せた障子、襖、畳をリフレッシュさせるだけで雰囲気は随分と変わります。

「和室のコーディネートが難しい」と、今まで避けてきた方はこれを機に、少しだけ手を加え、上品に使いこなしてみてはいかがでしょうか。

壁の色が特徴的な和室リフォームの一例

ナチュラルな素材で温かみをプラス。趣きも生まれました。

古民家テイストのリフォーム事例

旧工場を再生する

家づくり・部屋づくり一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る