リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 家づくり・部屋づくり > ウォークインクローゼットの収納術

家づくり・部屋づくりリフォームお役立ちコラム

ウォークインクローゼットの収納術

※画像はイメージです

ウォークインクローゼットでおしゃれな生活!?

外国映画でもよく見かけるウォークインクローゼット。おしゃれなイメージに憧れている人も多いのではないでしょうか? 現在は日本でも多くの家庭で取り入れられるようになっており、住まい作りの重要なポイントになってきています。普通の収納や押し入れよりも容量が大きくて便利な点がメリットですが、その分うまく使わないとすぐに雑多な置き方になってしまいがち。せっかくのスペースを有効に活用できるよう、今回はウォークインクローゼットの収納術についてご紹介しましょう。

置き方を決めるのがポイント

何も考えずにただ物を積んでいくだけでは、何がどこにあるのかわからなくなってしまうばかりか見た目にも美しくありません。歩くスペースがなくなってしまうなんてことにもなりかねないので、きちんと自分の中でテーマを決めて物を置くようにしましょう。

季節ごと、種類ごとに分けて収納する

春物はこっち、冬物はこっちという風に、季節によって棚を分けると衣替えもスムーズにいきます。またワイシャツだけの引き出しや小物だけの引き出しなど、よく使う物はそれだけで分けておくのも方法のひとつ。引き出しには付箋などで何が入っているのか書いておくと良いでしょう。

仕切りやグッズを使って収納する

洋服用にパイプハンガーを使う場合は、高さ調節できるものがベスト。丈の長い服や短い服でまとめておくと綺麗に揃います。また仕切り板を別に用意して自分の使いやすい位置に棚を作るのも良いでしょう。更に可動式のキャビネットや、カーテンを利用すると物が増えたり減ったりした時に臨機応変に対応できます。

お店のようにコーディネートする

ウォークインクローゼットは好きなように飾ることができる自分だけの空間。その点を生かし、お店のようにディスプレーすると普段から整理整頓を心がけるようになるかもしれません。靴だけの棚を作ったり、アクセサリーやカバンがよく見えるように展示したり、椅子や姿見を置いてみるのもおすすめです。居心地の良い空間を作ってください。

整理整頓で快適な暮らしを

ウォークインクローゼットをうまく活用できれば、クローゼット内はもちろん普段の部屋もすっきりと整頓することができるはず。自由度が上がり、リラックスできる理想の部屋を作ることも、友達を呼んでホームパーティーしたくなる部屋にすることも不可能ではありません。物の収納だけではない付加価値が期待できるウォークインクローゼット。持っていない人はこの機会に設置を検討してみてはいかがでしょうか。

ウォークインクローゼットのあるマンションリフォームの一例

家は風も声も流れる家族の広場

シューズクロークのある戸建リフォームの一例

スタイリッシュな階段が住まいのポイント

家づくり・部屋づくり一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る