リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 家づくり・部屋づくり > 引き戸で部屋のコーディネートを

家づくり・部屋づくりリフォームお役立ちコラム

引き戸で部屋のコーディネートを

※画像はイメージです

今注目を浴びている「引き戸」

レールの上を水平方向に滑らせることで扉の開閉を行う引き戸。昔ながらの日本家屋に多く、「古い」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし最近では「スライドドア」「スライディングドア」とも呼ばれ、省スペースで開け閉めもラクラク、使い勝手も良いことから注目を集めているのです。

またナチュラルで開放的な印象が強いのも特徴。和風の家はもちろん、洋風の家でも多く取り入れられてきています。今回はそんな「引き戸」のお話をしましょう。

家庭内で引き戸が持つメリットとは

家を新築する際、玄関扉や間の仕切りを引き戸にしてほしいと注文する人が増えています。引き戸を設置するメリットには何があるのでしょうか。特に小さめの家や狭い部屋に住む人に人気があるようです。

ドアを開けても空間を邪魔しない

開き戸の場合、ドアを開けるとそのドア本体分のスペースが必要になります。その点引き戸の場合では、開けても戸、扉本体はもう一方の戸、扉や壁側に引き込むため、空間の邪魔になることがありません。スペースを有効に活用することができるでしょう。

開け放つことで広く見える

部屋と部屋を仕切る引き戸を、開放状態にすることで一続きの部屋として使うことができます。部屋全体をすっきりさせて広く見せることができるでしょう。

高齢者や小さな子供でも安心

レールは段差のないバリアフリーになっていることが多いので、高齢者や小さな子供でもケガの心配がありません。また開き戸よりも小さな力で開け閉めすることが可能です。

ドアが勝手に閉まることがない

開き戸の場合、ドアストッパーをかけておかなければ、開けたドアが風によってバタンと閉まることがありますが、引き戸にはその心配がありません。少しだけ開けて換気することもできます。

閉める時に音が立ちにくい

スッと閉めることができるので家の中を静かに保つことができます。またお客様が来た時に、気づかれないようさりげなく閉めることも可能です。

リフォームで引き戸に替えることも

様々なメリットを持つ引き戸。「でもうちは全部開き戸だし…」とガッカリすることはありません。最近では多くのメーカーから引き戸のモデルが発表されており、機能性が高く、使い勝手が良いばかりか、オシャレなデザインの物も多くあります。

これらにリフォームするという選択肢もあることを覚えていて損はないでしょう。将来のことを考え、トイレを引き戸に変える人も多くいます。空間をうまく利用し、快適な生活を手に入れましょう。

引き戸を使用したな戸建バリアフリーリフォームの一例

介護の負担軽減、安心快適なバリアフリーリフォーム

引き戸で開放的なリビングに変身したマンションリフォームの一例

ギャラリーのある温かナチュラルインテリア

家づくり・部屋づくり一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る