リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 家づくり・部屋づくり > 夏に涼しく、冬に暖かい生活とは

家づくり・部屋づくりリフォームお役立ちコラム

夏に涼しく、冬に暖かい生活とは

※画像はイメージです

夏に暑く、冬に寒いのは仕方のないことではありますが、それでもできることなら、より快適に過ごしたいですよね。

夏に涼しく、冬に暖かく過ごすために、住宅建築技術の中で大切なキーワードとして「気密性」というものがあります。この「気密性」が快適に過ごす上でどのように関わっているかについて紹介していきます。

住宅の気密性

気密性の高い住宅とは、室内と外を区切っている壁や窓、屋根などの面にある隙間がより少ない住宅を意味します。

住宅に隙間がないことは当たり前だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、気密性の低い家ではサッシの隙間、壁とクロスの隙間、床と壁との隙間、コンセントや配管の隙間など、一見しただけでは分かりにくい隙間が多く存在しています。実際の隙間がどのくらいなのか、具体的な例を挙げると、約30坪の家で、全ての隙間を集めると20cm×20cmの大きさになるともいわれています。

高気密の利点

それでは、高気密であることの利点を考えたいと思います。

まず挙げられるのが、冷暖房のロスが少なくなるということです。隙間が少ないため室内の暖気、または冷気が外部に逃げることを防げます。反対に外部から入ってくるものをシャットアウトできるのです。

次に結露の防止があります。結露は冬、床下等で冷やされた空気が壁内の隙間部分に入り込み、室内の暖気に触れることによって発生することがよく知られていますが、冬だけではなく梅雨時期にも、湿度の高い外気が外から入り込み発生します。この結露を、隙間部分をなくすことで防止できるのです。結露はカビやダニの発生原因となり、それによってアレルギー症状が出る場合も多々あるのです。

さらに、高気密化には、外の騒音や車の排気ガス、花粉等の侵入を軽減させる効果もあります。

忘れてはいけないのが換気

人間が室内で快適に過ごすためには、1時間に4.5畳分の新鮮な空気が必要といわれています。高気密化と同時に考慮しなければならないのが換気です。気密性の低い住宅、つまり隙間の多い住宅では勝手に空気が出入りしてしまい、家全体の換気としては合理的なものではありません。

合理的な換気を行うためには、高気密であることに加え、計画的な換気機能が必要なのです。そのため、24時間換気システムを使って住宅内に流れる空気を計画的にコントロールすることが快適に過ごす上で大変重要なのです。

夏に涼しく、冬に暖かい快適な生活を実現するには、「気密性」が重要であることはご理解いただけましたでしょうか? 対策は様々ありますが、予算が限られているのが現実です。また、地域ごとに気密化のための対策は異なります。まずは、どういった方法があるのかを把握することが大切ですので、お気軽に当社にご相談ください。

家づくり・部屋づくり一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る