リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 家づくり・部屋づくり > バリアフリー化で普段の生活も快適に

家づくり・部屋づくりリフォームお役立ちコラム

バリアフリー化で普段の生活も快適に

※画像はイメージです

一生を快適に過ごすために重要なバリアフリー

障壁となるものをなくすという意味の「バリアフリー」という言葉もすっかり耳慣れたものになりました。どちらかといえばお年寄りや障がいのある人のための物だというイメージがありますが、メリットはそれだけではありません。家の中をバリアフリー化することで、小さなお子さんの危険防止、主婦が家事をする際の負担軽減など、様々な効果が生まれるのです。

家族みんなの快適な暮らしをサポートしてくれるバリアフリー。ひとつひとつはちょっとしたものかもしれませんが、長い目で見れば家族の一生を安全かつ楽しく過ごすための重要なポイントになるはずです。今回はそんなバリアフリーの効果について見てみましょう。

場所ごとのバリアフリーとは?

普段住み慣れているはずの家の中でも、ちょっとした段差につまずいてしまったことはありませんか? 特に小さなお子さんにとっては、玄関から居間へ上がるための段差だって大きなもの。大人にとってはたった一歩で上がれる段差も、子どもの目線では大きな障がいになっていることがあります。

では、具体的にどんなバリアフリーで危険を防止できるのでしょうか。場所ごとにチェックしましょう。

玄関

外から帰って来た時、荷物を多く持っていると玄関先の階段などにつまずいてしまうことも。また玄関内の上がりかまちも子どもやお年寄りにとっては大きな段差です。段差をなくし、スロープを設置することでそれらの危険を回避することができるでしょう。

部屋・廊下

子どもにとっては家の中も遊び場です。部屋と部屋の間の仕切りをなくすことで、夢中になって走り回る子どもがでっぱりに気づかず転倒するという事態を回避できるはず。また部屋の扉が引き戸になっていれば、急に開いたドアにぶつかるということもなくなるでしょう。

浴室・トイレ

浴室の床にマットや、スノコを敷くだけでも立派なバリアフリーです。床ですべって転倒することを予防できます。またバスタブやトイレの壁に手すりを設置すれば、座っている状態から体に負担をかけることなく立ち上がることができるでしょう。

キッチン

無理な姿勢で料理や洗い物をしていると、腰痛や肩こりの原因になる可能性も。自分の身長の高さに合わせたシンクやガスレンジを使うことが大切です。毎日立つキッチンだからこそ、自然な体勢で過ごせるように調整しましょう。

今後の人生を考えるなら

上記の他にも、バリアフリーにできるポイントはたくさんあります。バリアフリーとは要するに、安全かつ快適に生活できる空間を作り上げること。日曜大工や便利グッズを購入して補うことももちろん手軽で有効な方法ですが、長い目で見るなら思い切ってリフォームするのもおすすめです。当社でも様々事例をもとにご相談を参っております。家族みんなが一生安心してくつろげる空間を作りましょう。

家づくり・部屋づくり一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る