リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > インテリア・暮らしのくふう > 遮光カーテンの選び方と注意点

インテリア・暮らしのくふうリフォームお役立ちコラム

遮光カーテンの選び方と注意点

※画像はイメージです

ゆっくりと休息を取らせてくれる遮光カーテン

その名の通り、光を遮断してくれる遮光カーテン。普通のカーテンより光や騒音を防ぐ効果が高く、外部から入ってくる光を遮ったり、逆に室内の住人の姿を外部から見えなくしたりするのに役立ちます。夜でも明るい都会に住んでいる人や、休みの日に時間を気にせずしっかり睡眠を取りたい人には必須アイテムと言えるでしょう。

断熱性にも優れているのでお部屋の冷暖房効果も高めてくれる便利なカーテンですが、だからこそ選ぶ時はしっかりと選びたいもの。今回は、そんな遮光カーテンを選ぶ際の注意点をお話ししましょう。

遮光カーテンをかけたい窓によって等級を選ぼう

「遮光カーテンなんてどれも同じ」と思っていませんか? 実は遮光カーテンには、光を遮る率によって異なる3つの等級が存在するのです。

  • 1級:遮光率99.99%以上(真っ暗になります)
  • 2級:遮光率99.80%以上99.99%未満(かなり暗くなります)
  • 3級:遮光率99.40%以上99.80%未満(薄暗い程度です)

大切なのはライフスタイルによって遮光カーテンを選ぶこと。真っ暗にしたい寝室なら1級のカーテンがおすすめですし、また西向きのお部屋で西日がきつい場合にも3級のカーテンだと充分に遮光できないかもしれません。いずれにしても、寝室なのかリビングなのか、部屋の向きはどちらなのか、目的に合わせて遮光の度合いを選ぶ必要があると言えるでしょう。

明るいカラーか? 暗いカラーか?

一昔前は遮光カーテンというと黒やワインレッドなどの暗い色がメインでした。しかし、最近ではオフホワイトやベージュなどの明るい色や、北欧調やドット柄などの模様があるタイプなど、デザインも豊富に揃っています。一般的に遮光カーテンとは、生地に黒い繊維を織り込むことで光を遮るもの。そのためやはり暗い色のカーテンの方が遮光率は高いですが、部屋が暗くなるのが好ましくない人は、明るい色のカーテンを選ぶのも良いでしょう。自分の好みやライフスタイルに合わせることが大切です。

「起きたら開ける」習慣をつけよう

人間は、本来太陽の光の下で生活する動物。日本光線療法協会の発表によると人間の健康と太陽光とは密接な関係にあり、屋内中心の生活がうつ病や内分泌異常などの原因になっている可能性も指摘されています。また、太陽光による部屋の殺菌効果も期待できますので、一日中遮光カーテンを閉めっぱなしにするのはやめましょう。朝起きたらカーテンを開けるという行為を習慣づけるようにすると、一日を元気に過ごせるようになります。

大胆な柄のカーテンを採用したマンションリフォームの一例

趣味と夜景を満喫できる北欧風インテリアの住まい

紫色のスクリーンを採用した戸建リフォームの一例

色彩と暖炉が奏でるラグジュアリーな空間。

インテリア・暮らしのくふう一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る