リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > インテリア・暮らしのくふう > クッションで居間に彩りとくつろぎを

インテリア・暮らしのくふうリフォームお役立ちコラム

クッションで居間に彩りとくつろぎを

※画像はイメージです

気軽にお部屋に彩りを与えられるクッション

部屋をモノトーンで統一してみたけれど、なんだかさみしい、好きなカラーの照明や家具をそろえてみたらかえって色合いが単調になったなど、お部屋に彩りを添えたいときに活躍してくれるのがクッションです。模様替えやリフォームほど大掛かりではなく、手軽にお部屋のイメチェンを楽しめるのがクッションの良いところ。雰囲気に合わせた物がひとつあるだけで、あなたのお部屋のグレードをワンランクアップさせてくれるでしょう。今回はそんなクッションを選ぶ際のコツをご紹介します。

お部屋のアクセントとして考えるのがポイント

お手頃な価格のものから高級感あふれる素材のものなど、クッションといってもさまざまな種類があります。色をお部屋のメインカラーに揃えるのも良いですが、今回はあえて差し色としての使い方を考えてみましょう。お部屋の全体的なイメージと真逆のカラーを上手に取り入れるのがポイントです。

ウッドテイストのお部屋には

全体を木目調で揃えたお部屋には、赤やオレンジなどのビビッドカラーがぴったりです。ナチュラルテイストの中にもセンスの光るお部屋を演出することができるでしょう。暖色系なら、お部屋全体の雰囲気を温かくすることができます。

派手なカラーで揃えたお部屋には

赤やピンクなど派手なカラーがお好きな方のお部屋には、アースカラーのクッションがおすすめ。特に華やかな色合いのソファに、ブラウンやベージュの落ち着いたカラーのクッションがあるとホッと一息つくことができます。

モノトーン調のお部屋には

ともすれば暗いイメージになりがちなモノトーンのお部屋には、柔らかな印象を添えるパステルカラーのクッションがよく似合います。ピンクや黄色などの差し色で一気に部屋が明るくなるはず。華やかさを演出できます。

季節に合わせた模様替えもラクラク

クッションひとつでお部屋の印象がガラリと変わるため、季節ごとの模様替えにもぴったり。色だけでなく柄や模様も楽しむことができます。夏は水色のストライプ柄、冬は温かみのある深い色合いのエスニック柄にすると季節を感じることができるでしょう。また、クッションは素材にも注目したいところ。涼しげなコットンやビニール素材は夏に、暖かそうなウールやビロード素材は冬にぴったりです。大掛かりな模様替えはできなくても、ちょっとした心遣いで遊び心とセンスの溢れる生活を手に入れることができるでしょう。

色にこだわったマンションリフォームの一例

鮮やかな差し色が映える、アジアン・ヴィンテージな住まい。

ナチュラルな色合いが気持ちいい戸建リフォームの一例

憧れの広々リビングで子供達が遊ぶエコ住宅

インテリア・暮らしのくふう一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る