リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > インテリア・暮らしのくふう > におい対策のススメ

インテリア・暮らしのくふうリフォームお役立ちコラム

におい対策のススメ

※画像はイメージです

自分では気づきにくい家のにおい

清潔にしているつもりでも、毎日の生活によるにおいは蓄積されるもの。雨の日に室内に干した洗濯もので嫌なにおいを経験したことはありませんか? タバコを吸う人がいる場合やペットを飼っている家庭は、自分たちではなかなかそのにおいに気づかないかもしれません。お客さんが来たときに恥ずかしい思いをしないよう、普段からにおい対策に力を入れておくことをおすすめします。市販の芳香剤や消臭剤を使っている人も多いかもしれませんが、見た目や香りがイマイチ……という方のために、今回は別の対策法をご紹介しましょう。

置いておくだけで効果があるものも

芳香剤でなくても、意外なものが消臭効果を持っている場合があります。インテリアとして飾っておくだけで効果が期待できるので、見た目が気になる人におすすめ。また、そもそもにおいがつきにくい部屋づくりを心がけることも大切です。

観葉植もので見た目も華やかに

植ものには有機もののにおいを分解する脱臭効果があります。代表的なものはサンスベリア。マイナスイオンを発生し、空気をきれいにしてくれるのでさっぱりとしたお部屋にすることができるでしょう。またラベンダーやローズマリーなど、お気に入りの香りのハーブを置くと消臭効果だけでなくリラックス効果も期待できます。

コーヒー豆や備長炭でさりげなく

焙煎してあるコーヒー豆は、良い香りがするだけでなく脱臭効果もあります。小皿に盛って棚の上などに置いておくと良いでしょう。ちなみにコーヒーをいれた後の粉末状態でも効果あり。よく乾燥させてから使ってください。そのままだと飛んでしまうのでポプリの様にお使いください。また備長炭は消臭の力が強いことで知られています。和室にそのまま置いておけば、インテリアとしても重宝するでしょう。

部屋から布を少なくする

においはラグやカーテンなど、布によく染み込むもの。ソファを革張りのタイプにする、カーテンではなくブラインドにするなど、室内の布を減らすとにおいをつきにくくすることができます。また、掃除をするときには酢を水で薄めたものを使うと防臭作用が働くでしょう。

リフォームで簡単に消臭効果アップ!

おすすめのにおい対策をご紹介しましたが、においを取るにはやはり換気と小まめな掃除が一番。とはいえ毎日行うのはなかなか大変かもしれません。そこで、においのつきにくい壁紙に替えてみるのはいかがでしょうか? お部屋やトイレなど気になる部分の壁紙を替えるだけで、消臭効果が長く持続します。リフォームの際はぜひ選択肢のひとつとして考えてみてください。

ランドリー&洗濯物干しもスペースのあるマンションリフォーム事例

お子様のために安全で快適な暖房を

ランドリー&洗濯物干しもスペースのある戸建リフォーム事例

日差しいっぱいのサンルームが完成

インテリア・暮らしのくふう一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る