リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > インテリア・暮らしのくふう > お掃除特集1 ~キッチン周りのお掃除の仕方~

インテリア・暮らしのくふうリフォームお役立ちコラム

お掃除特集1 ~キッチン周りのお掃除の仕方~

※画像はイメージです

キッチン周りは油汚れも多く、特に長い間放置された頑固な汚れを落とすのは一苦労です。

食べ物を扱う場所ですので清潔であることはもちろん、キッチンがピカピカだと家全体の見た目にも良い影響を与えます。ここでは、キッチン周りのお手入れとお掃除の仕方についてのポイントをご紹介していきます。

シンク周り

ステンレス製のシンク全体のくもりや、蛇口周りの汚れの原因は水道水中に含まれるカルシウムによって発生する水垢が原因。食器洗い用の洗剤をスポンジに含ませ軽く擦ると、 油汚れとともに水垢も溶かして落とせます。その後は、水でサッと洗い流しましょう。

その後、改めてシンクをみて、傷やサビが原因のくもりが残っていたら、次は液体クレンザーをスポンジにつけて擦ります。磨き跡が残らないようにするために、一定方向に擦るのがポイントです。蛇口もシンクと同様に扱いますが、仕上げのからぶきをすることにより、シルバーの光沢感を取り戻すことができます。

換気扇

換気扇は特に油で汚れます。ドライバーなどで取り外せる部品を外したら、油落とし用のスプレー洗剤を直接振り掛け、しばらく放置して汚れを溶かしましょう。その後は水で洗い流せばOK。汚れが頑固な場合には、水ですすぐ前に軽くスポンジや古歯ブラシで擦り、汚れを取り除きます。それでも落ちない油汚れには、「つけおき洗い」で対処します。

ガスレンジ

ガスレンジも調理中にお鍋の噴きこぼれや油がはねたりして汚れやすいものです。ガスレンジにおけるお手入れの鉄則は、料理のあとすぐのまだ温かいうちにお掃除することです。時間が経つにつれて汚れが固まり、落ちにくくなるからです。

お掃除方法は、油落とし用のスプレー洗剤を拭きかけ、汚れを溶かしながら拭き取っていきます。また、少々きつめの洗剤を使うときは、色落ちが気になりますので、極力目立たない場所で試したうえで、全体に使用するようにしましょう。

タイル壁

タイル壁もガスレンジと同様、油でベタつきます。スプレー洗剤で油汚れを溶かす方法も同様ですが、タイルの目地は特に洗剤で変色しやすいため、手早くお手入れを終わらせるように心掛けましょう。ここでご紹介した、キッチン周りのお手入れ・お掃除方法は、汚れのレベルが中程度のものなら対処可能です。しかし、汚れのレベルがあまりに酷いと、手がつけられません。

下手に処理をしてしまうと、正常な部分にまで傷が付いたりしてしまいます。食べ物を扱うキッチンですから、常に清潔にしていたいものです。

対面キッチンリフォームの一例

オープンキッチンは広くて作業性も抜群

インテリア・暮らしのくふう一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る