リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > インテリア・暮らしのくふう > お掃除特集2 ~お風呂周りのお掃除の仕方~

インテリア・暮らしのくふうリフォームお役立ちコラム

お掃除特集2 ~お風呂周りのお掃除の仕方~

※画像はイメージです

バスルームはカビが大好きな場所です。特に湿度の高い季節には、油断すると床、壁、タイルの目地やゴムパッキン等にカビが発生してしまいます。一度生えると、それを取り除くのにはとても苦労します。

そこで、この憎きカビの発生予防のために効果的なお風呂周りのお掃除の仕方について、今回はご説明したいと思います。

まずはカビが生えてくる原因をチェック

バスルームにカビが発生しやすいのは、カビが大好きな場所だからです。では、一体なぜカビはバスルームが好きなのでしょうか? それは、カビが発育するために必要な条件が揃いやすい場所だからなのです。

  1. 一定の温度(0℃~45℃)であること
  2. 十分な酸素があること
  3. 一定の湿度(70%以上)であること
  4. 栄養分があること

これらの条件が全て揃ったときカビが発生します。特にバスルームは住宅の中で最もこの条件全てが揃いやすい場所といえます。

カビの予防法

上のカビが発生する条件「1.一定の温度(0℃~45℃)」及び「2.十分な酸素があること」に関しては除去したくても、現実的には不可能です。

しかし、「3.一定の湿度(70%以上)」と「4.栄養分があること」は、比較的簡単に除去できる条件です。湿度を除去するには、浴室乾燥機が付いている住宅に関しては、入浴の後の約2~3時間を目安にして乾燥させましょう。タイマー機能が付いていれば、より便利です。

浴室乾燥機には電気式、ガス温水式があり、一般的にはガス温水式の方が短時間で乾き、ランニングコストも安いのですが、電気式であってもオール電化や時間帯別電灯などを利用し、効率よく乾燥をさせればランニングコストは抑えられます。

よく窓を開けたままのお宅をみかけますが、防犯上、お勧めはできません。そして、栄養分を除去するには、垢や石鹸の飛び散りやすい湯船の側面や、浴室の壁等を、湯上り後にしっかり洗い流しましょう。

毎回、洗剤でゴシゴシと洗うのがベストですが、その都度完璧に洗うのは大変ですよね。湯船から上がった後に、汚れが飛び散りやすい個所にシャワーで熱湯をかけ、その後冷水に切り替えて全体的に洗い流すのも応急処置としては有効です。

そして、タオルでしっかりと水気を拭きましょう。ゴム製のハケを用意し、あらかじめ水気を切れば、タオルでの拭き取りが楽になります。

カビは風呂ブタ、洗面器、シャンプーボトル等のラック裏や椅子等にも生えてきますのでそれらも見落とさないようにしましょう。

もしカビが発生したら

カビが発生したら、即座に除去します。大切なのは、初期段階で撃退すること。放置すると更に繁殖して手が付けられなくなってしまいます。

具体的な対処法には、酸素系漂白剤を使います。洗濯用の洗剤に酸素系漂白剤を混ぜ、古い歯ブラシ等で擦り込んでいきましょう。しばらくするとカビが浮き上がってきますので、改めて、古い歯ブラシでそれを掻き出すようにしながら水で洗い流します。

手の付けられない状態になったら

初期段階を通り過ぎ、カビが繁殖して広がってしまったら、より強い薬剤で対処する方法もありますが、浴槽を傷つけたりするおそれもあります。

抗菌材質を用いたバスルームにリフォームしたり、上で紹介した浴室乾燥機とセットで、これを機に取り替えてしまったりするのもいいでしょう。

家族みんなが入るバスルームですから常に清潔を心掛けたいですね!

インテリア・暮らしのくふう一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る