リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > インテリア・暮らしのくふう > お掃除特集3 ~自分でできるエアコンの掃除の仕方~

インテリア・暮らしのくふうリフォームお役立ちコラム

お掃除特集3 ~自分でできるエアコンの掃除の仕方~

※画像はイメージです

エアコンのメンテナンス不足は思わぬ支出の原因

エアコンは、夏や冬でも快適な室温を保てるため、使用しているご家庭も多いと思います。しかし、使い続けていると温度を下げてもなかなか涼しくならず、さらに嫌なニオイを発してしまうこともあります。これは、フィルターや本体内部がほこりや油で汚れたり、カビが繁殖したりするからです。

クリーニングなどのメンテナンスを怠ったエアコンは、非常に不衛生。また、エネルギー効率が悪くなり、電気代がかさむ原因にもなります。目詰まりのせいで故障してしまう恐れもあるため、掃除が面倒だからと放置しておくとさまざまなコストがかかってしまいます。次のシーズンへ突入する前にしっかりとメンテナンスしておきましょう。

エアコン掃除が必要な箇所と手順

エアコンのクリーニングは難しいものではありません。外側の部分とフィルターだけであれば、掃除機と雑巾、中性洗剤、ブラシがあれば自分でも簡単に綺麗にできます。省エネ効率も回復するほか、衛生的な状態を取り戻せるため、手間を惜しまず掃除しましょう。

外側部分の掃除

本体の電源を抜き、掃除機で吹き出し口のホコリを吸い取りましょう。その後、カバー全体の汚れを雑巾で拭き取ります。この時、中性洗剤を雑巾に含ませると、外観はより綺麗になります。

フィルター洗浄

本体からフィルターを外し、掃除機でホコリを吸い取ります。その後、薄めた中性洗剤を含んだぬるま湯に浸し、ブラシでこすります。よく水ですすいだ後は十分に乾燥させ、エアコンに装着しましょう。濡れてしまうとホコリが取りにくくなるため、事前に掃除機をかけることがポイントです。

内部の掃除

室内機を壁から取り外し、内部を分解します。ドレンパンやファンに繁殖したカビ、タバコのヤニやホコリなどを掃除し、再度組み立てて壁に取り付けます。この時、中性洗剤でも良いですが、カビの除去に強い溶液を使うとより効果的です。

難しい作業はお任せください

エアコン内部の分解など、自分ではクリーニングが難しい箇所もあります。外部の掃除やフィルター洗浄など、定期的な掃除は自分で行った方がリーズナブルですが、大変な作業は当社にお任せください。

インテリア・暮らしのくふう一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る