リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 住まいの設備・建材 > 屋根の形や素材について考えてみよう

住まいの設備・建材リフォームお役立ちコラム

屋根の形や素材について考えてみよう

※画像はイメージです

住宅を守ってくれる「屋根」を真剣に考える

住宅の中で雨や風、紫外線など最も過酷な状況に晒されるのが屋根です。また家の外観を決める上でも、屋根の色や形といったデザインは非常に重要。もしあなたが屋根の雨漏りや老朽化に悩んでいるなら、リフォームすることも選択肢の一つです。

屋根の形は実に多種多様。自分の家にぴったりな屋根を選ぶことが良い家づくりの重要なポイントになります。

屋根の形と素材あれこれ

屋根は形別・素材別に分類されます。素材によっては規定の勾配が違っていたり、形が決まっていたりもしますが、一般的にどんなものがあるのか見てみましょう。

屋根の形

  • 切妻:逆V字型になっている最も一般的な形です。和風・洋風どちらでもOK。
  • 寄棟:頂点の棟部分から4方向に傾斜があるタイプ。頑丈で台風にも強いのが特長です。
  • 入母屋:上部が切妻、下部が寄棟の屋根です。格式高い住宅に多く使われています。
  • 片流れ:全体が一方向に傾いているタイプで、比較的工事が簡単です。ソーラーパネルの設置にも適しています。
  • 方形:寄棟の一種でピラミッド型。正方形の間取りの家によく使用されます。

この他にもかまぼこや、はかま腰など様々な種類があります。

屋根の素材

  • スレート系:本来は粘板岩を薄く加工した板のこと。軽くて価格も安く、カラーバリエーションも豊富なため多くの家庭で使われています。ただし、定期的なメンテナンスが欠かせない素材でもあります。
  • 日本瓦:粘土を成型し、焼いた日本古来の瓦。頑丈で長持ちするのが特長です。断熱性や遮音性にも優れています。和風の家にはもちろん洋風でも和モダンな外観に。
  • トタン:亜鉛をメッキした、薄い鉄板。軽くて耐震性に優れており、安価ですが、錆びやすく定期的にメンテナンスが必要です。
  • ガルバリウム鋼板:アルミニウム・亜鉛・シリコンでメッキをした鋼板。錆びにくく耐熱性に優れ、雪や雨に強いのが特長。

自分の家にぴったりな屋根を選ぼう

販売価格だけで屋根を選んでも、メンテナンス費や修理費などのランニングコストが高くついてしまうものもあります。一点だけで判断せず、総合的に考えるようにしましょう。

もちろん機能性だけでなく、家の外壁や雰囲気に合うようにデザインも大切にしたいものです。

当社ではしっかりと調査したうえで、最適な素材をご提案させていただきます。リフォームの際は屋根のメンテナンスもあわせて、ぜひご相談ください。

赤い屋根が印象的な戸建リフォームの一例

築70年の「画家の山荘」が寛ぎの家に

住まいの設備・建材一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る