リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 住まいの設備・建材 > 大迫力の映像と音響をホームシアターで楽しもう!

住まいの設備・建材リフォームお役立ちコラム

大迫力の映像と音響をホームシアターで楽しもう!

※画像はイメージです

大画面の薄型テレビや高性能な音響・映像機器の普及により、自宅でもクオリティの高いホームシアターが楽しめるようになりました。

そこで、ここではホームシアターを楽しむための空間づくりについてお話します。

ホームシアターの醍醐味

ホームシアターの醍醐味は、何といっても映画館に迫る臨場感を自宅で気軽に味わえる点です。映画館とは違い、プライベート空間なので、誰にも気兼ねせずに映画が楽しめます。

機器の接続・設定が不安

ホームシアターの設置に初めて取り組む方の中には、機器の接続・設定に不安を抱かれる方が多いようです。

確かに従来のホームシアターは、DVDプレイヤー、アンプ、スピーカーを個別に購入して自ら接続・設定を行わなければならず、スピーカーに関してだけでも、5本にも及ぶサラウンドスピーカーに加え、重低音を効かすサブウーファーの接続・設定があったため、ハードルの高さを感じたものです。

しかし現在では、ホームシアターそのものが一般化したこともあり、接続・設定が簡単な「ホームシアターセット」が多く販売されるようになりました。この「ホームシアターセット」は非常に優れものであり、スピーカーを前方に設置するだけで、全体を包み込むようなサラウンドパフォーマンスを得られる「バーチャルサラウンド」と呼ばれる機能を搭載しているものが大半です。また、音漏れを防ぐコントロール機能も同様に搭載されていて、その手軽さは一昔前とは比べ物になりません。

リビング派?それとも専用ルーム派?

ホームシアターの魅力について理解が深まったところで、次にご検討いただきたいのはどこに設置するかです。

ホームシアターを設置するお部屋は、たいていリビングか専用ルームのどちらかです。お子さんのいるご家庭で、家族団らんやコミュニケーションの空間をより充実させることを目指すなら、リビングがお薦めです。

ホームシアターのクオリティ面を考慮すると専用ルームに設置するにこしたことはありませんが、住宅の中の個室には限りがありますので、共有スペースであるリビングを有効活用することによって、個室が確保できるという利点もあります。

リビングシアターにおいては、画質や音響のクオリティを追求するより、使い勝手やインテリア性などを優先させるべきでしょう。というのも、リビングには当然、生活に関わるものが集まりますので、できるだけシンプルに設置し、全体的にごちゃつくのを防ぐという意図からです。

そこで、現在、既に利用されているテレビやDVDプレイヤーにオーディオのみ追加するという方法が最も手軽です。前述した「バーチャルサラウンド」や「フロントサラウンド」と呼ばれるタイプのオーディオなら、後方スピーカーの設置にも悩まなくてすみます。画質や音響などに徹底的にこだわるのであれば、やはり専用ルームをお薦めします。鑑賞中に誰にも邪魔されず、ドップリと映画に浸れます。

お部屋の防音がしっかりと整っていれば、夜でも迫力のある大音量が楽しめますので、床や壁に防音効果のある材質を使ったリフォームを施したいところです。専用ルームにホームシアターを設置される方々は、特にこだわりがあるでしょうから、一概にこういった設置がよいということは言えませんが、設置するお部屋によっては期待する効果が得られないケースがある点に注意しましょう。特に配慮されるべき点は、防音・遮音、音の反射、画面サイズ、照明などです。どこまで手を加えるか、どのレベルまで必要かを把握し、リフォームで対応できる場合はこの機会に是非実現しておきたいものです。

プロジェクターとスクリーンはセット! 照明にも気を配る!

映画鑑賞では音質も大切ですが、やはり「大きな画面で観たい」と多くの方が希望されます。そこで活躍するのがプロジェクターです。プロジェクターで投射するなら、映画館顔負けの大画面も実現可能です。

その場合は、スクリーンもセットで用意しましょう。壁面が家具などで占領されていても投射に必要なスペースが確保できますし、壁にじかに投射するよりも色合いがきれいで、画像の歪みも防げます。なお、プロジェクターから放たれる光に照明などの光が影響しないよう気を配りましょう。不具合がある場合には、照明のリフォームで対応するのも一考です。

いかがでしたでしょうか? ご自宅でぜひ、大迫力のホームシアターを楽しんで下さい!!

ホームシアターのあるリビングの一例

ポイントリフォームで快適な住まい

住まいの設備・建材一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る