リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 住まいの設備・建材 > インターネットと家庭内ネットワークの構築

住まいの設備・建材リフォームお役立ちコラム

インターネットと家庭内ネットワークの構築

※画像はイメージです

インターネットの急速な普及により、私たちの生活はより便利なものとなりました。インターネットの接続チャネルが拡大し、さらにそれに接続できる端末もスマートフォンや家庭用ゲーム機などをはじめとして、その種類はますます増えています。

その一方、家庭内でのインターネットネットワークは、オフィスのように合理的に構築されていることはいまだ少なく、それによって、より便利なインターネットの利用を妨げていることも少なくありません。

そこで、家庭内でも比較的簡単にできるネットワーク構築について、ここでは紹介したいと思います。

ホームネットワーク(家庭内LAN)の種類

パソコンやその他の周辺機器やネットワーク対応の各種端末などを接続して、家庭内のネットワークシステム「ホームネットワーク(家庭内LAN)」を構築するための手段には、機器をLANケーブルで接続して通信する『有線LAN』と無線電波で通信する『無線LAN』に大別できます。

この選択の判定基準は住宅の物理的構造によって見極めます。つまり、電波を妨げる障害物、たとえば厚いコンクリートの壁などがある場合には有線LANを、そうでない場合は無線LANを選択するのが得策と言えます。

ホームネットワークのメリット

ホームネットワークの構築によって、別々のパソコンでファイルの共有やインターネットへの同時接続、1つのプリンターを複数のパソコンから使用、といったことができます。

ネットワークが重宝するのは何もパソコンユーザーに限りません。デジタルテレビやBD・DVD・HDDレコーダーなどのデジタル家電がネットワーク機能を持つようになり、さらにはスマートフォンやタブレット等のモバイル機器や家庭用ゲーム機などもホームネットワークに接続することが可能となったため、それぞれの機器間でネットワークを活用できるようになりました。

簡単なホームネットワーク

一般的に人気があり、簡単なのは無線LANです。無線LANは、ケーブル配線が不要で自由なレイアウトが可能であることや、市販されているLAN関連製品が豊富で導入が簡単であることが人気の理由です。無線LANの構築に必要な機器は親機と子機といわれるものです。

親機の役割を果たすのが、「アクセスポイント」と呼ばれるものです。家庭用の代表的な製品としては、「無線LAN対応ブロードバンドルーター」があります。そして子機の役割を果たすパソコンには、無線LANの通信機能が必要となります。

最近のノートパソコンでは、この機能は標準装備されているものが多いのですが、そうでない場合は無線LANアダプターを購入する必要があります。用意するべきものはたったこれだけ。実にお手軽ですね。具体的な接続方法も、近年は簡単なボタン操作のみで行えることが多く、購入した機器の説明書の手順通りに進めるだけで、あっという間にできてしまうこともあります。

住宅内の各種居室でより合理的にホームネットワークを活用するには、合理的なリフォームが有効です。たとえば、かさばりがちなプリンターをどこに置くか、子機が親機からの信号を受信しやすくするにはどうしたらいいかなど、ホームネットワーク構築に適したリフォームのご提案は当社にお任せください。

マンションの書斎リフォームを含む一例

中古マンション大改造、リフォームで暮らしも変わった!

住まいの設備・建材一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る