リフォームTOP > リフォームお役立ちコラム > 住まいの設備・建材 > イギリス式、日本式ガーデニングの違い

住まいの設備・建材リフォームお役立ちコラム

イギリス式、日本式ガーデニングの違い

※画像はイメージです

家庭でできるガーデニングは、手軽にできる趣味として日本に浸透しています。海外でもそれは同じで、色彩、デザイン、レイアウトは各国で特色があり、風景美を愛でる心は世界共通のようです。ここでは、日本でも人気の高いイギリス式ガーデニングと日本式ガーデニングの違いを見ながら、経験がない方でもチャレンジしてみたくなるような情報をお届けしたいと思います。

イギリスと日本のガーデニングの違い

イギリス式ガーデニング

イギリス式庭園は、西洋風庭園の様式の一つであり、芝生、樹木、林や森、そして池、湖などから構成されており、自然の景観美を大切にしています。左右対称が特徴のフランス庭園とは違い、曲線と起伏を多用することで、自然な風景を彩るように作られるのが特徴的です。

作庭のコツ

本場のイギリス式庭園では、広大な土地を利用して、英国の自然を表現しますが、土地が制限される日本にでは、どうしても景観の再現に制限が出てきてしまいます。そこで、日本の土地でイギリス式ガーデニングを実践する場合には「テイスト」を取り入れてみましょう。工夫次第では、それだけでも、十分に英国の雰囲気を出すことができます。

イギリス式庭園の代表的な作庭手法には「コテージガーデン」と「ボーダーガーデン」といわれるものがあります。これらのガーデンプランにおける共通点は、植物の背丈、花の色、葉の質感などを踏まえてバランスを取る点、植物が自然の中でさりげなく生育しているように見せる点、ガーデン雑貨を脇役程度に使用する点です。イギリス式庭園の定番ともいえる「コテージガーデン」は英国農家のお庭をイメージしたようなもので、植物が自生しているような雰囲気に包まれたお庭です。一見、無造作な感じがしますが、草花の配置は、非常に調和のとれたものになっています。

バラ、コニファー、アイビー、ハーブなどの植物を用いるとイングリッシュテイストが強調されますが、地域の気候風土に合った好みの植物をチョイスして問題ありません。
もう一つの代表格「ボーダーガーデン」は、植物の背丈でコントラストを演出し、より立体感を出す手法です。基本的には、手前から奥に向かい、順に背丈が高い植物を配置していきます。よくみかけるパターンは手前に一年草の鮮やかな花、奥には常緑樹を配置しバランスをとるといったものです。

勉強をしていくうちに、花だけでなく、葉の質感などの違いも分かってきますので、よりオリジナリティを出していけるでしょう。何年もかけて植物の生育も楽しみながら、ゆっくりと作庭してみましょう。

日本式ガーデニング

日本庭園を元に構成された庭を日本式ガーデニングと呼んでいます。日本庭園はイギリス式庭園と同様に、自然の景観美を追求しています。イギリス式庭園が自然風景をそのままのスケールで「写景的」に取り入れるのに対して、日本式庭園は、自然美の景観を「象徴的」に取り入れるところに大きな違いがあります。

作庭のコツ

日本式庭園の魅力は、狭い庭でも狭いなりに作庭できることにあります。勿論、池や木、ししおどしや石灯籠、更には茶室まで配置できるスペースが確保できるなら、より高級感溢れる日本式庭園を造ることもできますが、自然美の好ましい景観を「象徴的」に取り込むため、広さがなくても十分に表現することができます。

しかし、ある程度の形式美も必要とされるので、代表的な日本庭園を見て回るところから始めるのもいいでしょう。

出来上がった庭を美しく見るためには

どのような形式のものでも、出来上がった庭園はアートといっても差し支えないほど美しいものです。室内から、その風景を楽しむ方法として「庭と窓」の位置関係を意識してみるといいでしょう。庭が絵画そのものだとしたら「窓」は額縁です。そうして、まるで1枚の絵画のように魅せるために窓を庭の景観にふさわしいものにリフォームしてみると、より一層違った視点で、自慢の庭園を鑑賞することができるでしょう。

そのためにも、まずは好みの庭のカタチをみつけるところから始めてみませんか?

住まいの設備・建材一覧へ戻る

リフォームお役立ちコラムのトップへ戻る

  • 東京ガスリモデリングのあんしん保証制度
  • 家具選びのお手伝い Furniture Support
ページトップに戻る