リフォームTOP > リフォーム事例 > マンションリフォームの事例と費用 > 鮮やかな差し色が映える、アジアン・ヴィンテージな住まい。

鮮やかな差し色が映える、アジアン・ヴィンテージな住まい。

13-11-1308
不要な壁やドアを撤去し、オープンに仕上げたLDK&ベッドスペース。キッチンを中心にぐるりと回遊できる動線を確保することで、将来車椅子の生活になっても自由に動き回れる間取りとなりました。
「これまで感じていた不満な点はすべて解消できました」とS様。
ぐるりと回遊できる間取りは、お掃除もしやすいのが特長。
アンティークな家具と、深いブルーの色合いが素敵にマッチしています。
壁面を活かして、オープンタイプの棚収納とクローゼットを新設。
しまうものに合わせて使い分けることができます。
底冷えしていた寒さを解消するため、床暖房を敷設。
また、すべての窓にインナーサッシを採用し、断熱性の高い快適な住まいになりました。
ロールスクリーンを室内3ヵ所に設置し、生活シーンに合わせて、柔軟に仕切ることができます。
キッチンからすぐ行ける廊下に作ったパントリー。
あえて棚はオープンにし、どこに何があるか一目でわかるようにしています。
玄関からもアクセスできる収納。
玄関収納には以前から持っていたバリの彫刻を飾れるスペースを造作。
トイレはドアを付けずに洗面室と一体化し、洗面・カウンターを斜めにして車椅子でもゆったり利用できる空間にしています。
深くて使いやすい洗面ボウルを採用し、カウンターの下を空けて空間に広がりをもたせています。
洗面カウンターも深いブルーにしました。
洗面室の収納棚は棚の高さを自由に変えることができ、必要なものをすっきりきれいに収納できます。
以前より洗い場が広くなり、お母様が浴室内で座位で転倒した時は、壁に頭をぶつけることがなく、安心でした。

リフォーム概要

マンションのため水まわりは大きく移動できない中、キッチンを少し移動して回遊できるようにし、動線の悪さを解消しました。シノワズリのインテリアにアクセントカラーの深いブルーが効いています。

建物
マンション
築年数
25年
費用
798万円(税込)
面積
48m²
構造
鉄筋コンクリート
リフォーム内容
スケルトンリフォーム

ビフォー・アフター

リビング

深いブルー(デイープブルー)をポイント色に取り入れ、海外から見たアジアを表現した「シノワズリ」の調度品、お手持ちのアンティーク家具がマッチする空間に。

リビング

吊戸棚のないオープンキッチン。広い調理スペースを確保した人造大理石のカウンターでニョッキやパン作りなど趣味の料理を楽しんでいるというS様。

間取り

お客さまのご要望

東京ガスリモデリング
からのご提案

リフォームを終えて、
お客さまからのご感想

最新リフォーム事例

リフォーム事例一覧

リフォーム事例エリアで探す

ページトップに戻る