リフォームTOP > リフォーム事例 > 戸建てリフォームの事例と費用 > 日本家屋の趣はそのままに、長く心地よく住み継げる家。

日本家屋の趣はそのままに、長く心地よく住み継げる家。

14-06-1310
片流れの瓦屋根や幕板・付柱のある外装など、昔ながらの日本家屋の素晴らしい造りだったため、格調高く美しい姿を残しつつ、安心して快適に暮らせる住まいへとリフォーム。入念な耐震診断を行った上で、軽い屋根瓦への交換、壁に筋交いを入れるなどの耐震補強を施し、断熱材、二重ガラス、電動シャッターを入れて断熱性を高めました。
リビングの造作収納はそのまま活かし、唐紙の色を淡いピンクに変えて明るくお洒落な雰囲気に。
以前上部にあった高窓を撤去し、高さのある大きな窓に変更。開放感がぐんと高まりました。
構造上抜けない柱を活かして、リビングへはもちろん庭まで目線が抜けるキッチン。「配膳用としての小さなカウンターを荒居さんが提案してくれるなど、様々なアイデアで問題を解決してくれました。」とHさま。
玄関は、既存の収納を活かし、全体の雰囲気に合わせて建具を交換し、半分は棚、半分は洋服掛けに変更。
造り付けの食器棚の竹の違い棚はそのまま活かし、お客さまのご趣味のエッグアートを飾れる棚にしました。
食洗機やピピッとコンロなどの先進設備を搭載し、機能的でぐんと使いやすくなったキッチン。
洗面ドレッサーは三面鏡付きの大きなものに交換し、手摺を新設。バリアフリー化も進めました。
1階のトイレは別になっていた手洗い器をひとつの空間に納めてより使いやすく。
車2台分の駐車場を設け、草むしりの手間をなくすため、天然石やコンクリートのアプローチを新設しました。

リフォーム概要

昔ながらの日本家屋の趣や匠の技が光る造作家具を活かしながら、断熱性・耐震性を高めて長く快適に住み継げる家へ。
伝統と現代の技術が融合した、クラシカルモダンな佇まいが美しい住まいです。

建物
戸建て
築年数
44年
費用
2,280万円(税込)
面積
159m²
構造
木造
リフォーム内容
全面リフォーム 外構リフォーム

ビフォー・アフター

リビング

開口部を大きくするだけでなく、壁や天井の色を明るくすることで空間に広がりが生まれました。
キッチンの上にある間接照明により、夜は落ち着きのある雰囲気に仕上げました。

リビング

リビングの一面は、中央にあった窓をTVが置けるよう両サイドに変更し、ふさがっていた下部を開いて戸棚を設けました。

間取り

お客さまのご要望

東京ガスリモデリング
からのご提案

リフォームを終えて、
お客さまからのご感想

施主様

最新リフォーム事例

リフォーム事例一覧

リフォーム事例エリアで探す

ページトップに戻る