リフォームTOP > リフォーム事例 > 戸建てリフォームの事例と費用 > すっきり収まる収納を造作、家族の絆がより深まる大きなリビング。

すっきり収まる収納を造作、家族の絆がより深まる大きなリビング。

14-10-1334
リビング・ダイニングの2面いっぱいに、面材を揃えた造作収納をプランニングしました。「使う場所のそばにしまう」ことを基本に、しまう収納や飾る収納をバランス良く配置しています。
ワイドな高窓に面した側は、お子さまがキーボードを弾いたり、パソコンを置いて作業などをするためのスペースに。両脇の可動棚と下部収納に、楽譜などのかさばる物もたっぷりしまえます。
S様がご希望されていたのは、キーボードがスマートに置けること。そこで弾くときに引き出して使えるキーボードカウンターをご提案しました。2段になっているのでキーボードの上にも物を置いておけます。
パソコンやプリンターを置くスペースにはコンセントを増設。配線すっきり、使いやすいスペースとしました。本棚は天井まであるので余裕を持ってしまえます。
時には一緒にネットを検索。リビングで仕事や作業ができれば、お子さまも気軽に声がかけられます。
コンクリート打ち放しの質感と、木目の味わいのコントラストが楽しめる空間。TVボードの下はワゴン収納になっています。
いつの間にか増えてしまうDVDや本は、キャスター付きのワゴン収納へ。たっぷり入っていても、サッと引き出せて便利です。
キッチンの横にしつらえたお子さま用のデスクカウンター。既存の配管もデザインに取り込み、虹のように並べて置かれた色鉛筆が、洗練された空間に華やかさや遊び心を添えています。
お絵描きしているお子さまが、リビングからもキッチンからも見えて安心。

リフォーム概要

お気に入りのテイストはそのままに、収納を補ってすっきり片付くリビングをご希望されたS様。さまざまに工夫を凝らした造作収納で広々とした空間を創出。さらに勉強やお絵描きしているお子さまの様子が見守れ、家族の絆が深まるパブリックスペースとなりました。

建物
戸建て
築年数
25年
費用
107万円(税込)
面積
30m²
構造
RC造
リフォーム内容
造作収納

ビフォー・アフター

リビング

以前は床にカラーボックスを置いて対応。張り出していたキーボードも配線もすっきり収まり、ネコちゃんが気持ち良さそうに歩き回るスペースが生まれました。

リビング

柱の裏のデッドスペースに、可動棚付きの収納を造作。棚の高さが変えられるので、しまう物の大きさに合わせてフレキシブルに対応できます。

間取り

お客さまのご要望

東京ガスリモデリング
からのご提案

リフォームを終えて、
お客さまからのご感想

最新リフォーム事例

リフォーム事例一覧

リフォーム事例エリアで探す

ページトップに戻る