リフォームTOP > リフォーム事例 > 戸建てリフォームの事例と費用 > リビングの一角にワークスペース。ライフスタイルに合わせて“デザイン”と“機能”を両立させた住まい。

リビングの一角にワークスペース。ライフスタイルに合わせて“デザイン”と“機能”を両立させた住まい。

15-08-1446
オープンキッチンにし、家族のコミュニケーションがはかれる開放的なLDKとしました。キッチン後ろの扉はサニタリーに通じているため、家事動線もとても楽に。キッチンから直接玄関に行くこともできます。ご主人はモダン、奥さまはナチュラルという好みの違いも取り入れ、すっきりと清潔感のあるキッチンになりました。
ワークスペースやダイニングキッチンとの一体感のあるリビング。事務所の仕切りのない広さを活かし、ゆったり寛げるスペースとなりました。TVやゲーム機の配線は壁の中に収めすっきりと。
リビングの片隅にあるデスクの収納部分には、TVとつながるAV機器が隠されています。リモコンが使えるよう格子にした扉は、空間をスタイリッシュに見せるデザインとしての役割も兼ねています。
リビングにも寝室にもつながる場所に設けられたワークスペース。角を曲線にすることで視線が抜け、空間にやわらかみを感じさせます。
ワークスペースの中は既存の窓を活かし、窓下に収納棚を造作。正面の扉を開けると寝室につながります。
コミュニケーションがとれるよう、ワークスペースのDK側の壁は開口しオープンに。キャスター椅子を使うので、下に音が響かないようカーペットを採用。オレンジの壁と芝のイメージの緑のカーペットは、奥さまのこだわりです。
ご主人お気に入りの紺色の壁に囲まれ落ち着いた寝室に。仕事で疲れたらすぐ横になれるよう、LDKだけでなくワークスペースからも直接入れる出入口を設けています。
浮遊感のあるデザインの、オープンタイプのペニンシュラキッチン。調味料を置くスペースをタイル壁の中にさりげなく配置してすっきり見せ、キッチンからワークスペースやリビングが見渡せて家族の様子が分かり、会話もはずみます。
トイレと洗面はワンルームにし、ゆったりとしたサニタリー空間を創出。洗濯機横に設置した棚は、洗濯物をたたんだり、アイロン掛けをしたりとさまざまに活用できます。
ガラスの仕切りと黒で統一したバスルームは、サニタリーとデザインテイストを合わせたホテルライクでスタイリッシュな雰囲気に。
収納の下に設置した照明は、足元を照らすだけでなく上質空間を演出する効果も。宅配された食料品をすぐキッチンに入れられるよう、玄関ホールから直接入れる扉を設けました。
仕事上必要なたくさんの蔵書がすっきり収まるよう、書庫を設けました。書庫の黒いクロスに合わせ分電盤も黒く塗装し、徹底的にデザインを追求。友人にはこのスペースが一番好評だそうです。

リフォーム概要

仕切りのない縫製工場として使われていたご実家の2階を、S様ご夫婦のお住まいに全面リフォーム。ご夫婦共自宅で仕事をされるというライフスタイルに合わせ、広々としたLDKの一角に主寝室ともつながるワークスペースをつくりました。

建物
戸建て
築年数
40年
費用
1,715万円(税込)
面積
118m²
構造
鉄骨造
リフォーム内容
全面リフォーム

ビフォー・アフター

リビング

元々の広さを活かし、廊下や壁、扉をできるだけつくらないというご希望通りの大空間リビング。

キッチン

S様ご夫婦がイメージされていた「白・黒・木」が集約されたようなダイニングキッチン。

間取り

お客さまのご要望

東京ガスリモデリング
からのご提案

リフォームを終えて、
お客さまからのご感想

施主様

最新リフォーム事例

リフォーム事例一覧

リフォーム事例エリアで探す

ページトップに戻る