リフォームTOP > リフォーム事例 > 戸建てリフォームの事例と費用 > ダイニングに光の壁ができた! 家族の集まる明るい住まい

ダイニングに光の壁ができた! 家族の集まる明るい住まい

15-12-1443
キッチンからダイニングへの動線が良くなり、家族の様子がわかる間取りに。ガラス壁にしたことで、玄関ホールから取り込んだ光がダイニング全体を明るく照らしています。
ダイニング・階段下の壁を抜いて取付けたL字型のガラスを通して、玄関ホールから取り入れた光がダイニング側に明るさをもたらします。L字型のガラスの下にはカウンターと造作家具を設置しスペースを有効活用しました。
明るくなったダイニングには家族が集まるようになりました。階段下のカウンターはお子さまが勉強したり、簡単な食事をとったりできるスペースに。奥まっているキッチンからもお子さまの様子を見守れ、キッチンとダイニングを視覚的につなぐ役割も担っています。
玄関を入ってすぐ正面にあるL字型のガラスはダイニング・階段下の壁を抜いて設置。玄関ホールの窓から取り込んだ光はガラスを通してダイニングへ送られます。
明るくなった玄関ホール。ダイニングに光を取り入れるために取り替えた大きな窓や、正面のガラスの壁は玄関ホールにも明るさと開放感をもたらしています。
RC造の建物でしたが、この壁は木軸壁で壊せることがわかり玄関ホールに大きな窓を設置。以前は造作収納があり、小さな窓1つしかなく十分な光を取り込めなかった玄関が明るく開放的な空間に生まれ変わりました。
キッチンとダイニングの繋がりが良くなり、キッチンからは階段下のカウンターやダイニングで遊んでいる子どもたちの様子が見えるので奥さまは安心してお料理ができます。
以前はL字の大型キッチンで移動距離が長く使い勝手が悪かったため、コンパクトな動線にしながらダイニングの様子がわかり風通しが良くなるよう、キッチンの位置を柱型のある側に収めました。
ガス台横には上げ下げ窓を新規に取り付けたため、風通しが良く明るいキッチンになりました。週末にはご主人さまがコンビネーションレンジを使って料理やお菓子を作られるそうです。
収納する物に合わせ引き出しの高さを合わせたので、今までは仕舞えずに外に出ていた物も収納できるように。こだわりのキッチン扉の面材は木を使って明るい色味にし、すっきりと洗練されたキッチンになりました。

リフォーム概要

2年前に中古を購入した際に、最低限のリフォームをされたE様。
住んでいくうちにダイニングは階段や玄関ホールとの間の壁で圧迫感があり暗く、
またキッチンにいると家族の様子がわからないことに気付きました。
そしてキッチン本体も使いにくかったため、今回キッチンダイニングをリフォームすることに。
様々な工夫で開放的で明るい住まいとなりました。

建物
戸建て
築年数
30年
費用
656万円(税込)
面積
40m²
構造
RC造
リフォーム内容
キッチン・ダイニングリフォーム

ビフォー・アフター

ダイニング

階段と玄関との間の壁により全く光の入らなかったダイニングは、玄関からのやさしい光で明るく心地よい空間になりました。

キッチン

以前はキッチンからは ダイニングの様子が全くわからず独立していましたが、 階段下の壁も撤去することでダイニングと一体感が生まれました。 明るくなったダイニングの光がキッチンにも入って 快適に料理ができるようになりました。

間取り

お客さまのご要望

東京ガスリモデリング
からのご提案

リフォームを終えて、
お客さまからのご感想

最新リフォーム事例

リフォーム事例一覧

リフォーム事例エリアで探す

ページトップに戻る