リフォームTOP > リフォーム事例 > マンションリフォームの事例と費用 > 自分のペースで動ける住まいへ リフォームがお手伝いできること

自分のペースで動ける住まいへ リフォームがお手伝いできること

16-05-1506
洗面所には、車椅子の行き来を考え引き戸とドアを合体させた引きドアを採用。開口をいっぱいに開けると、玄関ホールも洗面所となり広く使えるように。浴室の天井には浴室暖房を設置し、温度のバリアフリーにも配慮しました。
引きドアは奥さまが入浴される時には完全に閉めることができます。
浴室はリフト一体型UBを検討していましたが浴槽が狭く足を伸ばせなかったことから、オーダーサイズのUBにし後付けリフトを設置。洋室側に洗濯機を移動し洗面化粧台の巾を小さくすることで浴室を最大限大きくしました。
浴室には後付けリフトを設置。後付けリフトは体を包み込み吊るして移動するスリングシートタイプ。1回の移乗で入浴が可能となったため、介助が楽になりました。以前は入浴するにも介助者に気を遣っていましたが、今は入浴の時間が楽しみで気持ちよくお湯に浸かっています。
車椅子でアクセスできる洗面化粧台。今までは手を拭くことしかできませんでしたが、自分で水で手を洗える環境になりました。「流れる水を感じられ嬉しいです」とM様。
リビングダイニングと洋室1は分かれた部屋でした。しかし、それぞれのドアを撤去し部屋間の木軸部分の壁をなくして一つの部屋としました。部屋の仕切りに3枚引き戸とカーテンを取付けることで、「Tの字開口」を作りホール・リビング・寝室・トイレの車椅子での移動が楽になりました。
リビング側に3枚引き戸を引いた様子。寝室(右)からトイレ(左)の動線がスムーズに取れます。
トイレのフタは自動で開閉。水まわり用車椅子に座ったまま便座上にアクセスできるようになりました。ウォシュレットは通常は重量を感知して動作しますが、設定を変えることにより水まわり用車椅子に座ったままでも使用が可能となりました。

リフォーム概要

通事故の被害により通院が必要となり、交通の便の良い中古マンションを購入してリフォーム。ベッドと車椅子を往復する生活となったご主人さまに 気持ちよく入浴してもらいたい、車椅子でも楽に動けるようにというご家族の想いを叶えるために、リフォーム会社としてできることを最大限行いました。車椅子でも動きやすくなりご自身のペースでできることが増え暮らしが楽になりました。

建物
マンション
築年数
10年
費用
640万円(税込)
面積
35m²
構造
RC造
リフォーム内容
中古を買ってリフォーム・バリアフリーリフォーム

ビフォー・アフター

玄関ホール

車椅子が安全に移動できるよう玄関からホール、部屋全体の床をフラットに。扉の開閉もスムーズになり車椅子での各部屋への移動がしやすくなりました。

トイレ

トイレは扉を折れドアに変えたことで開閉した際に立ち位置を動く必要がなく、水まわり用車椅子の出入りや介助がしやすくなりました。手洗い器を小さくすることでトイレの広さを変えずに十分なスペースを確保しました。

間取り

お客さまのご要望

東京ガスリモデリング
からのご提案

リフォームを終えて、
お客さまからのご感想

施主様

最新リフォーム事例

リフォーム事例一覧

リフォーム事例エリアで探す

ページトップに戻る