リフォームTOP > リフォーム事例 > マンションリフォームの事例と費用 > 趣味も暮らしも、自分らしさを楽しむ住まい

趣味も暮らしも、自分らしさを楽しむ住まい

17-05-1617
キッチンまわりの壁をなくし、開放感と一体感を高めたLDK。床材にはご主人さま念願の無垢フローリングを採用。遮音等級LL-45のケナフマットと合板、無垢フローリングの3層構造にすることで、遮音性にも配慮しました。
壁や床のタイルは、セレクトから施工まですべてご主人さま自らの手によるもの。キッチン壁のタイルは清潔感のあるベージュで統一し、様々な柄を市松模様に配置。色のグラデーションが美しい床タイルが、キッチン全体を心なごむ空間にまとめています。
木の質感とタイルの貼り分け、お手持ちの家具の効果も相まって手作り感のあるインテリアとなり、あたたかみのある雰囲気に。A様ご夫妻が暮らしを楽しんでいる様子が伝わってきます。
リビングの扉、洗面所の扉などすべて取替えました。カントリー調のデザインとニュアンスのあるカラーを併せ持つ扉が、より一層手作り感とあたたかみを醸し出しています。
和室をなくしてリビングを広くする案もありましたが、和室をそのまま残し内装を変えることでコストダウンを実現。壁紙は2種類のクロスをバランス良く使い、和の中にも洗練された印象に。書斎への入口となる障子は、なるべく“正方形”に近い格子形状にしたいというご主人さまのご希望を実現できるようデザインしました。
ご主人さまの夢を叶えた書斎。楽器の大きさなどもすべて伺ったうえで、すべて納まる広さを確保。寝室から離れた所にあるため、生活時間が異なる奥さまを気にすることなく趣味を存分に楽しめます。
2部屋分の広さがあるご夫妻の寝室。壁の一面は立体感のあるエコカラットとし、デザイン性だけでなく快適性もアップ。
洋室の物入を広げ、お客さま用の布団も収納できる大容量のウォークインクローゼットに。和室の押入をなくした分以上の収納空間を確保しています。
洗面室の奥にあった細長く使いにくい納戸を撤去し、一部をご主人さまの書斎にしたことで、以前よりコンパクトながら使いやすくなった洗面室。鏡のまわりはご主人さまがタイルを貼り、まるで一幅の絵を飾っているようなデザインに。
トイレの壁にもご主人さまのこだわりが。平面と山型の細かなタイルを組み合わせ、美しい模様を描き出しています。
ショールームをまわっているときに奥さまが一目で気に入られたスプーンカットの無垢フローリングは、掃除のしやすさや予算を考慮して、床に敷くのではなく玄関ニッチのアクセントとしてご提案。ラインライトがスプーンカットの表情をより豊かにし、奥さまのグリーンの飾り付けで素敵なおもてなしポイントに。

リフォーム概要

お子さまが巣立ち、A様はご夫妻のライフスタイルに合った住まいへのリフォームを決意。和室の押入と洗面室の一部を活用して、趣味や仕事を気兼ねなくできるご主人さまの書斎に。2つの洋室をつなげてゆとりを持たせたご夫妻の寝室には、大型のWICを設置して収納空間もしっかり確保。書斎に飾ったご主人さまの楽器をはじめ、無垢フローリングやご主人さまが自ら貼ったタイルなど、A様ご夫妻は好きな物に囲まれる幸せを日々実感されています。

建物
マンション
築年数
28年
費用
832万円(税込)
面積
約77.9m²
構造
RC造
リフォーム内容
全面リフォーム

ビフォー・アフター

キッチン

木目調だったキッチンの扉は、建具に合わせてニュアンスのあるカラーに。把手も大きくて使いやすく、デザインも奥さまの好みにぴったり。床のモザイクタイルは色で、壁のタイルは複数の素材を張り分けて変化をつけたご主人さまの“作品”です。

書斎

和室の障子を開けると、そこはご主人さまの書斎。今まで置場に困っていた楽器もすっきり収納。壁を補強し楽器を飾ることもできるようになり、自分好みのカッコイイ空間になりました。

間取り

お客さまのご要望

東京ガスリモデリング
からのご提案

リフォームを終えて、
お客さまからのご感想

施主様

最新リフォーム事例

リフォーム事例一覧

リフォーム事例エリアで探す

ページトップに戻る