リフォームTOP > リフォーム事例 > 戸建てリフォームの事例と費用 > 車いすでの外出が楽に。暮らしも気持ちも外に広がる家。

車いすでの外出が楽に。暮らしも気持ちも外に広がる家。

18-07-1638

ガーデン・エクステリア

Y様が玄関を通らずにリビングから直接出入りできるように、リビングの高さに合わせて樹脂デッキを設置。玄関ポーチまではデッキ材で1/8勾配のスロープを造作しました。

ガーデン・エクステリア

庭の樹木がなくなり見晴らしが良くなったデッキ。造作した柵で外からの視線を程よく遮ります。「外に楽に出られるようになっただけでなく、開放感のある景色も得られ、リビングで過ごす長い時間も快適です。」とY様。

ガーデン・エクステリア

夏の日差しへの対策として、また雨の日でも濡れずに準備ができるよう、デッキの上部にはシェード付きのテラス屋根を設置しました。

ガーデン・エクステリア

玄関ポーチにあった二段の段差をなくすため、階段を上がりきったところから玄関までスロープをコンクリートで打設。植物がお好きなY様ご夫妻のために、一部土を残しお花を楽しめるように。

ガーデン・エクステリア

アプローチと道路をつなぐ階段は、車いすの車輪が通る部分をスロープとし、ご家族が車いすを押して上がる中央部分は階段にすることで、ご家族の介助も楽になりました。

リフォーム概要

病気で車いす生活となったY様。玄関まわりに段差が多く不便だったため、日中のメインスペースであるリビングから直接段差なしで外に出られるよう、庭に樹脂デッキを設けました。外出の際には、デッキから緩やかなスロープを通り、介助するご家族も使いやすくなったスロープ階段を使って道路まで出るのもぐんと楽に。病院やデイサービスの方が同じ様な障がいを持つ方を連れて頻繁に見学に来るほどの家になりました。

建物
戸建て
築年数
23年
費用
310万円(税込)
面積
約27.28m²
構造
木造
リフォーム内容
バリアフリーリフォーム

ビフォー・アフター

階段

スロープの幅が狭く急勾配だったため、以前は車いすの移動が家族の介助だけでは厳しく、デイサービスの方に玄関まで来てもらっていました。既存スロープを一部を除いて出来るだけなだらかにし、さらに車いすの車輪幅に合わせたスロープを新設。家族も楽に介助ができ、道路まで出られるようになりました。

アプローチ

玄関までのアプローチに置かれたレンガが古くなり凸凹し、ポーチに上がる段も車いすには厳しい高さでした。そこで電動車いすでも余裕を持って通れるコンクリート製スロープとし、階段の上から玄関までのスロープ勾配は、屋外で自走式車いすのバリアフリーの基準となる1/15以下に。介護保険も適用されました。

お客さまのご要望

東京ガスリモデリング
からのご提案

リフォームを終えて、
お客さまからのご感想

施主様

最新リフォーム事例

リフォーム事例一覧

リフォーム事例エリアで探す

ページトップに戻る