HOME > 戸建てリフォーム事例 > たくさんのバリアから解放されのびのびと!

その他の事例

リフォーム事例たくさんのバリアから解放されのびのびと!

住まいのバリアフリーコンペティション 2007年 第2回優秀賞

お問い合せリフォーム事例番号:
05-06-0510
構造的に残した黄色い壁がLDKのデザインポイントに。
引き戸と開きドアを組み合わせ、寝室の出入りには開口を広く取れるようなバリアフリーの工夫も。
アクセントウォールはLDKと水まわりの程良い目隠し効果を生んでいます。
ウッドデッキのスロープ

リフォーム部位

  • キッチン
  • リビング・ダイニング
  • ガーデン・エクステリア

間取り図

Before
After

施主様のご要望

ご家族の上京をきっかけに、ご主人のお母様と同居して暮らすことができるように実家を全面的にバリアフリーリフォームしたい。ご家族全員にとって快適な生活空間を造りたい。

建物 戸建て
築年数 30年
費用 1,200万円(税込)※価格はLDK・寝室部分のリフォームの金額です
面積 86m²
構造 軽量鉄骨造
リフォーム内容 戸建全面、バリアフリー、エクステリア

▲このページのトップへ

リフォームのポイント

お母様との同居を機に、戸建住宅の1・2階をバリアフリー仕様に全面改装しました。
車椅子での動線に配慮して1階の間取りを大きく変更、お母様の寝室には、車椅子での外出をスムーズにするウッドデッキとスロープを新設しました。
また室内は開き戸と引き戸を組み合わせた開口部の広い扉や、対面式キッチンを採用し、いつでもお母様の様子が見える空間に。
床暖房や浴室暖房乾燥機も導入し、温度バリアフリーも実現しました。
介護の負担を軽減する工夫を凝らした住空間に、構造壁を活かした黄色のデザインウォールが映える美しい住まいに仕上がり、お客さまにもご満足いただけました。

担当者

江渡 文子
二級建築士
マンションリフォームマネージャー
福祉住環境コーディネーター2級

施主様のご感想

綿密に打ち合わせを重ねてもらい、結果大変満足な仕上がりになりました。特に同居する母への配慮が細かな部分まで工夫され、安全で使い勝手の良い住まいに生まれ変わりました。


前のページに戻る

▲このページのトップへ



その他のお問い合わせ

ページトップに戻る