Colour(カラー) ~色と素材が活き、感性を満たす住まい~

HOME > 戸建てリフォーム事例 > Colour(カラー) ~色と素材が活き、感性を満たす住まい~

その他の事例

リフォーム事例Colour(カラー) ~色と素材が活き、感性を満たす住まい~

海外に滞在された経験のあるA様ご夫妻は、ヨーロッパの国々で目にした色彩のある住まいに感銘を受け、その空間を実現するためにあえて築25年の物件を購入してリフォームを決意。こういう色や床材を使いたいなどパーツのイメージを明確にお持ちだったため、それをいかに実現するかを追求しました。工事に入ってからも打合せや確認を重ねた結果、各空間の「素材と配色のバランスと斬新さ」、「色の濃淡」、「塗り方の精度と絶妙さ加減」のすべてにご満足いただけるお住まいが完成。A様ご一家はそれぞれ自分好みの空間での寛ぎを満喫しています。

お問い合せリフォーム事例番号:
17-05-1616
ブルーグレーの壁にしたスタイリッシュでクールなリビング。窓の位置や大きさにも徹底的にこだわりました。
廊下の一部を取り込み、さらに構造上必要な柱は残しつつキッチンの壁を取り払うことでオープンキッチンを実現。キッチン背面収納の中はグリーンの塗装で遊び心を加え、色を楽しんでいらっしゃいます。
LDKのクールな色が活きるようステンレスキッチンを採用。ワークトップが広く作業しやすく、シンクの下にはゴミ箱を収納でき使い勝手は抜群。モザイクタイルのアクセントが彩りを添えています。
リビングに隣接した和室を、深いブルーが印象的な書斎に。リビング側の大きな採光窓は、アンティークなイメージというご要望にステンドグラスを強化ガラスで挟むことで実現。特注の細いブラックのアイアンフレームと合わせて、イメージにぴったりと喜んでいただきました。
赤く塗装した壁と淡いグリーンの壁の組み合わせが美しいA様ご夫妻の寝室。窓はあえて小さくして上に取り付け、ここから見える東京タワーが額縁に入ったかのような仕掛けを。
寝室のもう一方の窓には、奥さまがショールームで目にし、一目で気に入られたガラリ窓を採用しました。
お子さまの個室も、息子さまはブルー、お嬢さまはオレンジとそれぞれご自身でコーディネート。「雑貨など部屋に合う物を選んで楽しんでいます。これからもっと自分流にアレンジしていきたいと思っています。」と息子さま。
階段を真っ直ぐにというご要望に、玄関ホールの中央に移動したスケルトン階段をご提案。リフォーム後はこの家のシンボル的な存在となりました。階段の先に見えるブルーの扉や大きな観葉植物が空間のアクセントになり、玄関を開けるたびに、うれしい驚きや楽しさを感じられる場所です。
このスケール感のある玄関ホールに見合うように造作した玄関収納は、メタルの錆色シートで仕上げ、スケルトン階段のアイアンと調和するスタイリッシュな空間になりました。
たくさんの色を使いながらも美しく調和している洗面所。床タイルは奥さまの、モザイクタイルはお嬢さまのお気に入り。扉を開けるたびにワクワクするような、遊び心いっぱいの空間です。
水まわり空間を大幅に見直し、広すぎる浴室を適度な広さにしトイレを移設することで生まれたユーティリティは、洗面所に隣接した使い勝手の良い空間です。
トイレは思い切って原色を使ってみたいというご希望で、2階は夜にも使うので目が覚めないようにブルーに、一方1階は目が覚めるように鮮やかなレッドに。

リフォーム部位

  • キッチン
  • リビング・ダイニング
  • サニタリー
  • 子供部屋
  • 寝室
  • 書斎
  • 玄関・ホール・廊下
  • ガーデン・エクステリア
  • 外壁・屋根

玄関ホール

リフォーム前
リフォーム後/玄関まわりのプランを整えることで、凸凹がなくすっきりと明るいスケール感のある空間に生まれ変わりました。

外観

リフォーム前
リフォーム後/内装にさまざまな色を取り入れた分、中が引き立つよう外観はできるだけシンプルに。サッシも外壁に溶け込むシルバーにしています。

間取り図

Before
After

施主様のご要望

  • ヨーロッパの色のある住まいを実現したい。
  • キッチンの壁を撤去してオープンキッチンに。
  • 浴室が広すぎるので適度な広さにし使いやすく。洗濯物は表に出ないように。
  • 中途半端な曲がり階段を真っ直ぐに。
建物 戸建て
築年数 25年
費用 4,231万円(税込)
面積 約175.88m²
構造 木造
リフォーム内容 中古を買ってリフォーム
全面リフォーム
外装リフォーム

▲このページのトップへ

リフォームのポイント

  • こういう色や床材を使いたいなど、パーツのイメージに明確な要望があり、それを空間としていかに具現化するかを追求しました。その中で決めた色を実現するため、何度も実際に塗装する材料に色を塗ってサンプルを作り、A様と確認しながら進めていきました。
  • 凸凹していた玄関ホールをすっきりさせるため、水まわりのプランを見直しました。トイレを書斎側に移設し浴室のムダなスペースをなくし、広くなった洗面所の隣にユーティリティスペースを確保しました。
  • 住まいの顔となる玄関まわりの演出には、階段を真っ直ぐにというA様のご希望を取り入れた3案をご提案。その中で既存の玄関ホールの吹抜けを利用し、ホールの中央を真っ直ぐに伸びる階段とシンボルツリーを置ける広い土間スペースという、「色や素材が活きる家」というコンセプトを象徴するような案を一目で気に入っていただきました。

施主様のご感想

施主様

  • 自分好みの空間の中で、ソファで寝ころんで寛げることが何よりうれしいです。各部屋色を変え、たくさんの色を使いましたが、どの部屋もこちらの思った通りの色や質感に仕上げてくれ、心から満足しています。
  • 私たちの空間イメージを叶えるために、アイデアを色々出してくれたことが何より信頼でき、担当のこの二人に任せたいと思いました。イメージを伝えるだけで実現してくれ、小さなことまで含めてこちらのこだわりにとことん付き合ってくれました。
  • 色や素材を一つ一つ選んでいくのは大変な作業でしたが、好きなことだったので苦になりませんでした。また、担当の方がカタログだけでなくサンプルやショールームで一緒に確認してくれたり、実際の部屋で窓の大きさなどを試したりしてくれたので、でき上がりに不安はありませんでした。



前のページに戻る

▲このページのトップへ



ページトップに戻る