家事の「超時短」で子育てファミリーを応援する住まい。

HOME > マンションリフォーム事例 > 家事の「超時短」で子育てファミリーを応援する住まい。

その他の事例

リフォーム事例家事の「超時短」で子育てファミリーを応援する住まい。

ジェルコリフォームデザインコンテスト2016 リフォーム優秀賞受賞!

通勤・通学の便利さや環境などが気に入り中古マンションを購入したM様。共働きで忙しい中でも2人のお子さまと過ごす時間を大切にできるように家事を超効率化するためのリフォームを実施しました。LDKと隣接した洋室の壁を撤去し、さらに洗面・浴室やWICもLDK内に取り込むことで、家事すべてが一室で完結でき、収納もたっぷり。すっきりとスタイリッシュなデザインに加え、家事の「超時短」を実現しました。対面にしたキッチンからはお子さまにも目が届き、家事をしながら家族一緒に過ごす時間を楽しまれています。

お問い合せリフォーム事例番号:
16-12-1603
対面式オープンキッチンを中心に広がる、ゆとりあるLDK。排水勾配を取るため床を上げることで実現した対面式キッチンは、料理や後片づけをしながら子どもたちの様子が見守れ、会話も弾みます。パントリーの向こう側は大容量のウォークインクローゼット、キッチンの右前方に見える白い扉は洗面・浴室の入口で、LDKの中ですべての家事を行うことができます。
L字型に棚を配してたっぷりしまえ、2WAYにして動線の効率化も図ったパントリー。家事効率を考えて扉は設けず、食品のストックなど細々した物はボックスに収納することで見た目や使い勝手の良さにも配慮しています。
キッチンの背面にも収納を造作。普段は開け放して使っていますが、来客の際は扉を閉めてスタイリッシュに。食器・家電・ゴミ箱が収納でき、パントリーと合わせて調理と片づけの時短を実現しました。
向かって右側はパントリー、左側はウォークインクローゼットの入口。扉の開閉時間も短縮するためどちらも扉を付けておらず、間口も広いのでストレスがありません。
家族4人分の衣類管理を一手に引き受けるウォークインクローゼット。「ウォークインクローゼットまでLDKの中にあることで、身支度から衣類の片づけまで完結できて家事効率が良くなり、本当に助かっています。」とM様。
南側に設けたスタディコーナーは、お子さまの勉強やお絵描きだけでなく、M様ご夫妻が仕事をするスペースにも。ダイニングテーブルからも近く、お子さまの勉強する様子を間近で見守ったり、時には手伝ったりでき、いつも家族が一緒にいるように感じられます。
キッチンから一直線にダイニングテーブルや壁面収納へとアクセスできるため、動きにムダがありません。
ダイニングの壁面収納は、すべて扉を付けてスッキリと見えるように。お子さまの学用品などはここに収納してあり、お嬢さまは自然に自分の者は自分で片付ける習慣がついたそうです。
ダイニングの壁面収納に加え、キッチンの背面やリビング側のカウンター下にも収納スペースを確保。物があふれがちな場所がすっきりと片付き、間接照明が活きる白で統一されたスタイリッシュな空間が手軽に演出できます。
壁面収納上の間接照明と調和するよう、リビングにも間接照明を採用。柔らかな明かりが白と木目で統一された空間を引き立て、洗練された上質な趣を感じさせます。
洗面所をLDKに取り込むことでも、家事の時短を実現。忙しい朝、家族3人が並んで立つことができるよう洗面カウンターの幅を広くとっています。
トイレは扉を引戸にし、手洗い器を取り付けました。白く直線的で洗練されたデザインというM様ご夫妻が描かれていたコンセプトが、ここにも活かされています。

リフォーム部位

  • キッチン
  • リビング・ダイニング
  • 浴室
  • サニタリー

リビング・ダイニング

リフォーム前
リフォーム後/LDに隣接している洋室の壁を撤去し、明るく広々としたLDKに。お子さまに接する時間が限られているからこそ、その時間を大切にしたいというM様ご夫妻のご希望が、家族が一緒に過ごせ、家事をしていてもお子さまを見守れる大空間という形で叶いました。

キッチン

リフォーム前
リフォーム後/独立型で壁付けのキッチンを、リビング・ダイニングに加え洗面室まで見渡せる対面式のオープンキッチンに。動線が良く使いやすいので、以前よりもご主人さまが家事を手伝うことが増えたそうです。

間取り図

Before
After

施主様のご要望

  • あらゆる家事動線を効率化して時間短縮を図りたい。
  • 子どもと過ごす時間を大切にしたいから、家事効率を良く、かつ家事をしながら会話が できるようにしたい。
  • インテリアは白で直線的、シンプルなものに。
  • 家具を置かずにすむよう、収納は造り付けに。
建物 マンション
築年数 15年
費用 921万円(税込)
面積 約55.2m²
構造 RC造
リフォーム内容 中古を買ってリフォーム、水まわりリフォーム

▲このページのトップへ

リフォームのポイント

  • ご希望が明確なM様が描かれたレイアウトスケッチを基に、こちらからの提案を出し細部を調整しました。M様のスケッチではクローゼット収納が少なかったため、LDK内に家族全員分のWICをご提案。M様は当初LDKが狭くなるとご心配でしたが、やはり収納は必要という結論に。将来WICと洋室を合わせて姉弟の部屋を2部屋に変えることを見据え、洋室側の既存のクローゼットドアには手をつけず、背面の壁のみ撤去してWICの中に取り 込み、予算を抑えて造作しました。
  • 新規に設けたトイレ手洗いは、排水管ルートが当初の計画通りいかないことがわかり、現場にて何度も職人と打合せし施工方法を検討しました。結果、目に付くところに露出することなく見た目もきれいに納められました。
  • ご夫妻ともお忙しい中、細部は主にメールで決めていきましたが、打合せ場所をご自宅だけでなく職場の近くなどフレキシブルに設定し、なるべく顔を合わせて効率良くお話ができるようにしました。

施主様のご感想

施主様

  • 共働きで忙しい毎日なので、子どもと過ごす時間を何よりも大切にしたかったのですが、思い描いていたイメージ通りの広々としたLDKと対面式キッチンをカタチにすることができました。朝は洗濯から家族全員の食事、洗面、着替えとスムーズに行えるようになり、家事の「超時短」を実現。夕食の用意をしながら子どもの勉強を見たり、今日の出来事を聞いたりと、家族の時間が増えて気持ちにも余裕ができました。
  • 水まわりが使いやすくなったことで、家族が家事を手伝ってくれることが増えました。子どもたちも自分の物は自分で片付ける習慣が自然に身に付いていっているようです。もともと来客の多い家でしたが、LDKが広く収納もたっぷりあっていつもきれいに使えるので、より人が集まるようになりました。
  • 担当のお二人は、真摯にこちらの要望に応えてくれただけでなく、ウォークインクローゼットなどの+αの提案があったり、施工管理もしっかりしていて、工事中でも気になる所があると対応してくれるなど、安心して任せられました。



前のページに戻る

▲このページのトップへ



ページトップに戻る