リフォームTOP > 中古物件探しガイド > 建築士による建物チェック

中古物件探しガイド

建築士による建物チェック

物件探しに建築士やインスペクション(住宅診断士)の資格を持ったリフォーム経験豊富なスタッフが同行。
リフォームの費用とプランを考慮しながら、建物の状態をその場でチェックします。

「建築のプロの目」で失敗しない
建物チェック

現況検査チェックシート

一般的に、住宅診断士(ホームインスペクター)に住宅診断(インスペクション)を依頼すると、5万円程度の費用がかかり、結果が出るまでに1週間近い時間を要します。そのため、中古物件を検討する際にはスピード感についていくことが出来ず、なかなか実施することはできません。しかし、東京ガスリモデリングの不動産仲介は、物件の見学に建築士やインスペクション(住宅診断士)の資格を持ったリフォーム経験豊富なスタッフが同行し、独自の現況検査チェックシートに従って本格的なインスペクションに近いチェックをその場で行います。もちろん、診断費用は無料です。

建物チェックのポイント(一例)

マンションの場合
  • コンクリートのクラック(ひび)やジャンカ(コンクリートの打設ムラ)バルコニー・テラスの防水劣化状況
  • 給水・給湯管の素材と配管更新可能かどうか
  • 結露やカビが発生しやすい構造かどうか
  • ピロティ構造など、先々問題になる構造かどうか
一戸建ての場合
  • 基礎や外壁、屋根の状態
  • 雨漏れが起きていないか
  • 床下環境がどうか
  • バルコニーなどの防水劣化状況
  • 経年劣化以上の傾きがないかどうか

建築のプロが建物をチェックすることで、リフォームによって直すことができない、または直すことはできてもかなりの費用が必要となるなどの物件の弱点を見極め、その物件を購入するべきか、購入すべきでないかを的確にアドバイスをします。また同時に、リフォームの具体的なプランや費用についても物件購入前にあらかじめご提案します。

ピックアップ中古物件

中古物件探しガイドのトップへ戻る

ページトップに戻る