リフォームTOP >  中古を買ってリノベーションガイド >  リノベーションのための物件探し

中古住宅探しのポイント一覧
閉じる
中古住宅探しのポイント

リノベーションのための物件探し

「中古住宅購入+リノベーション」によって自分たち好みの住まいを入手したい。そんなお客さまが近年、増えてきています。
1981年に耐震基準が改正されてからの住宅であれば格段に耐震性が向上していますし、断熱仕様や建材の性能のレベルも年々高まってきており、中古住宅であっても基本性能が期待できる物件が出そろってきているのが現状です。 ただし、そんな中でもリノベーションに向いた物件に巡り合うのは意外と難しいものです。中古住宅の物件数は数多いので、インターネットや情報誌などでむやみに探してみても、砂場で砂金を探すようなもの。時間と労力を不毛に消費してしまいかねません。 日々、移り変わる中古物件の情報を早めにキャッチできるよう、うまくアンテナを張って、効率よく取捨選択していく姿勢が大切です。下記のようなポイントに注意してのぞむことをおススメします。

その1 ポータルサイトから相場の感覚を探る


アット・ニフティ

物件情報を探す際に活用したいのが、インターネットにおける不動産ポータルサイト。膨大な物件情報の中から、地域や価格帯、間取り別に絞り込んで検索することができます。
自分たちの希望をもとに検索していくと、購入価格についておおよその相場がつかめてくるはずです。相場より安い物件については「なぜ安いのか」に注意しましょう。「最寄り駅や学校などから遠い」、「古い擁壁があって作り直さないといけない」、「床下浸水が頻発している」など、なんらかの理由があることが多いので、要チェックです。

おススメのポータルサイト
ニフティ不動産
掲載物件数日本最大級のサイト。その他の有名不動産サイトも含めた一括検索が可能で、効率よく物件を探せます。
不動産ジャパン
公益財団法人不動産流通推進センターが管理・運営する総合不動産情報サイトです。消費者が安心して住まいを探し、安全に住み替えるのに必要な知識や情報の提供も行っています。

その2 信頼できる会社に探してもらう

物件探しについては自分たちで動くとともに、不動産のプロにも同時に探してもらうとよいでしょう。専門家ならではの情報網と観点で物件をチェックしてもらえます。立地や予算、要望などをなるべく具体的に不動産会社に伝えましょう。こうした物件探しでは自分たちの意図や価値観を正しく理解してもらうことも重要です。

 

日頃からリノベーションに携わる当社では、お客さまからのご要望のヒアリングも大事にしています。そのうえでプランニング、施工の両面からの観点でリノベーションに適した物件をピックアップしてご紹介いたします。物件案内の際には建築士が同行し、建築のプロの目でチェック。一緒に物件探しに取り組みます。ぜひご相談ください。

その3 リノベーションのイメージを固めるめ

情報収集と並行して進めたいのが、リノベーションのイメージを固めること。どんな空間にしたいのか、どんな暮らしをしたいかによって、それに適した物件も異なるからです。

その手がかりとして、インターネットなどで事例の画像を検索してみるのもいいでしょう。pinterestのように画像をブックマークとして集めるアプリを利用するほか、東京ガスリモデリングのサイトでもリノベーション事例が数多く掲載されています。自分たちの好みはどんなものであるか、画像を観ながら検討するのも楽しいものです。

その4 できること、できないことを知る

近年はリノベーションの技術が急速に進歩しており、「できること」の範囲も年々拡大を続けています。それでもどうすることもできないのが、立地条件や周辺環境。また建物の基本構造についてもリノベーションでは大きく変えることはできません。したがって、物件探しの際には「リノベーションでは変えられないこと」について、よく理解して確認しておくことが大切です。
逆に、内装やキッチン、お風呂、洗面台などの設備機器は、ほとんどの物件で交換可能なので、既存の状態についてはあまりこだわらなくても大丈夫。ただし、マンションの場合は物件ごとに管理規約で施工できる範囲が定められていますので、購入前に確認しておきましょう。

まとめ

物件探しには以上のような注意点をもってのぞみましょう。
東京ガスリモデリングでは、リノベーションのご相談だけでなく、物件探し、資金計画のお手伝いもいたします。相談料は不要です。
そのほか、当社提携先にて引っ越しのお手伝いやトランクルーム、仮住まいの手配も承ります。物件探しから、リノベーション、引っ越しまでトータルで住まいのご相談に対応いたします。お気軽にご相談ください。

中古を買ってリノベーションガイドのトップへ戻る

中古住宅探しのポイント

リフォームのポイント

ページトップに戻る