interviewinterview

01

2010年 新卒入社

一級建築士
二級福祉住環境コーディネーター

自分がしてもらったことをちゃんと後輩にもしてあげたい。
それをつないでいきたいです

なぜこのリフォームという仕事を選びましたか?

私は、大学で建築コースを専攻していました。建築に携わる仕事をしたい気持ちはあったのですが、いざ就職の事を考えた時に、建築系の仕事の中でも何が自分に適しているのかがわからなかったんです。リフォームの仕事をしている方の多くがそうなのかもしてませんが、営業から、設計、施工と一通りのことに自分がたずわっている、たずさわる事で色々な経験が出来るのではないという期待感で、リフォームを専業としている企業を探したんです。そんなことがキッカケで、縁があり、この東京ガスリモデリングに就職することにしました。

実際にリフォームにたずさわってみてどうですか?

仕事の幅が広い分、難しいところはあります。営業から設計、提案、施工管理までやるので、それぞれのお客さまごと、物件ごとに求められるものや、必要となる提案が違います。
でも、それは言い換えるとそのお客さまにとっては、私が全てたずさわり、完成まで全て見届けることができる、ということなので、私とお客さま、そして工事関わった職人さんや、メーカーの担当者、みんなで創り上げたという実感を得られて、楽しいです。

仕事のやりがいはなんですか?

お客さんに対しては、初訪の時から、ずーっと私が担当者として接して行くことになるので、結構長い時間を一緒に過ごすことになります。だから、工事が終わって、直接お礼を言われたり、喜んでいただける時は素直にうれしいですね。
あと私の場合は、先輩方にはとても恵まれているな、という思いが有ります。
東京ガスリモデリングには、コミュニケーションリーダー制度というのがあります。入社して1年目は先輩について仕事を覚える制度で、右も左もわからないような私のような新人に、根気強く、プランの事、現場の事、何よりもお客さまが何を望んでいるのかを引き出すポイントを丁寧に教えてくれたんです。その後も何かと気にかけてくれるし、だからこそそういう先輩方に応えたい、という思いがあります。
お客さまと、助けていただいた先輩方の期待に応えたい、それがやりがいですね。

学生の頃と比べて変わったところは?

あたりまえかもしれませんが、学生の頃は仕事をする、ということがやはりよくわかっていなかったと思います。とりあえず就職する、というか。
それでも仕事を始めると、自分がやったことでお客さまに喜んでいただいたり、時には怒られてしまうこともあるけど、仕事は他人事では済まされない、そのことに対する責任感というのが、少しは身についたんじゃないかなと思います。
自分の行動が自分一人だけのことではない。そういったことを意識するようになったのが変わったところですね。

5年後の自分はどうなっていると思いますか?

一番思うのは、自分が教えてもらったことを、後輩にちゃんと伝えていける先輩になりたい、ということですね。
今、私には、新卒で入社した時からの私をずっと気にかけてくれている先輩方がいます。
入社当時は不安が多く、それらを先輩方と接することで一つずつ解消できました。
私も、先輩方から教えていただいた優しさと、時には厳しさを、今度は私が後輩に伝えられるようになっていたいと思います。

「東京ガスリモデリング」の強みはなんですか?

会社として、サポート体制がしっかりしているところだと思います。
新入社員の指導のしかたも丁寧で、実物件にたずさわるようになった時でも、相談などがしやすい雰囲気があります。もちろん頼り切ってはダメですが、一人で悩まなくてもいい雰囲気が有ります。たぶん、私だけではなく、新卒で入社した先輩も、そうされてきたので、それが継承されてるんでしょうね。
また、お客さまと真摯に向きあうという体制や社風がありますので、安心して働けると思っています。これは大きな強みだと思います。

社員インタビュー

  • interviewinterview01

    2010年 新卒入社

    一級建築士
    二級福祉住環境コーディネーター

  • interviewinterview02

    2015年 新卒入社

    二級福祉住環境コーディネーター

  • interviewinterview03

    2013年 キャリア入社

    二級建築士

  • interviewinterview04

    2013年 キャリア入社

    二級建築士

ページトップに戻る