interviewinterview

02

2015年 新卒入社

二級福祉住環境コーディネーター

リフォームは一人じゃできない、みんなでつくり上げるんだ、
ということを感じ、本当の達成感を知りました。

なぜ「東京ガスリモデリング」を選びましたか

私の場合は、新卒で受けた面接の際の何気なく言った一言を面接官の方が覚えていてくれて。それがすごく嬉しくて。
大勢の中の一人なのに、ちゃんと覚えていてくれる。そこに惹かれて入社しました。

なぜリフォームの仕事を?

大学が建築学科だったので、最初は新築もリフォームも色々と見ていたんです。
漠然と探しているうちに、リフォームだと昔から住んでいる方の思い入れがある家を、思い出は残しながら綺麗にできる。それがすごい素敵だな、と思ってリフォームという仕事を選びました。

実際に入社されていかがですか?

まだまもないので、そんなに経験を積んでいるわけではないのですが、例えば、トイレの交換だけでも喜んでくださっているお客さまを見ると、リフォームを仕事として選んでとても良かった、と実感できます。
それと、最近大きな物件を初めて任されたのですが、そこで「リフォームって絶対一人じゃできないんだな」ということを、とても実感したんです。
お客さまがいて、一緒に担当したスタッフがいて、工事してくれる職人さんもいて。みんながいて初めて出来上がる。たくさんの人が関わる分、難しく感じるとこともありますが、それでも出来上がった時の、みんなでつくったという達成感。本当にそれは感激以外の何物でもなかったんです。

今仕事をするうえで大切にしていることは?

学生の頃は、何かをやってもそれは自分だけのことでしたが、今は自分が何かをすることによって他の誰かも喜んでくれるので、それが嬉しいです。その分大変だなと思うことも多いですが、責任感を自分の中で意識するようになりました。
せっかく東京ガスリモデリングに声をかけていただいたんだから、お客さまにもリフォームって楽しいな、って思っていただけるように、まずは明るく元気にお客さまに挨拶しています。
まだ緊張してしまうので、「顔が笑っていないよ」と言われてしまうこともありますが、お客さまと話すことがとても楽しいです。

5年後の自分はどうなっていたいですか?

今、目の前のことでいっぱいいっぱいで5年後のことは想像できないのですが、昨年、先輩と一緒に仕事をしていたときに、その先輩はお客さまが言われたことを言われたとおりにプランするのではなく、お客さまの何気ないひと言からご要望の奥にある本当にやりたいことを見つけ出してご提案したんです。そして、お客様がそのことにいたく感心して気に入ってくださり、提案が採用になりました。
実際にその提案したものがカタチになっているのを見て、私も、自分から提案する、それがカタチになる、そういう仕事をしたい、と改めて強く思いました。
最近たずさわった大きな物件でも自分で描いた図面がカタチになったのを見てとても嬉しかったんです。ひとつひとつ頑張って、自分の提案がカタチになって、それをお客に喜んでもらえる、そういう仕事をたくさんやっていきたいです。

「東京ガスリモデリング」はどんな会社ですか?

男女関係なく、とても話しやすい人が多いんです。例えば、自分が失敗したときの話や、仕事以外の趣味の話なんかもたくさんします。それは上司、先輩も、年の差もなく、皆さんとです。
そういう雰囲気なので、何か仕事で困った時でも話しやすいですし、みんなアドバイスをしてくれます。ですから「私はまわりにこんなに助けてもらっているんだから頑張らないと」と自然に力が湧いてくるんですよね。
私も、後輩ができたら自分が先輩方にしていただいたように、不安なときでも勇気がわくように接してあげたい、と思っています。

社員インタビュー

  • interviewinterview01

    2010年 新卒入社

    一級建築士
    二級福祉住環境コーディネーター

  • interviewinterview02

    2015年 新卒入社

    二級福祉住環境コーディネーター

  • interviewinterview03

    2013年 キャリア入社

    二級建築士

  • interviewinterview04

    2013年 キャリア入社

    二級建築士

ページトップに戻る